相続・贈与について
家族も専門家も気軽に
話し合えるツールを提供。
「争族」を未然に防ぐ

株式会社FP-MYS

工藤 崇Takashi Kudo

代表取締役社長CEO

相続・贈与プラットフォーム
『レタプラ(LettePla)』

FPの視点を活かし、
相続者、被相続者、士業
それぞれにとって価値あるサービスを

「相続について話し合う機会が持てない」の悩みを解消する

相続の際に起きる家族間のトラブル――「争族(あらそうぞく)」が増加している。

一旦起きると、仲良くしていた兄弟姉妹や親族の間にも修復しがたい亀裂が入ってしまうことも。争族を防ぐには、相続人と被相続人が事前に「相続のときにどうするか」を話し合っておくことが大切だ。

しかし、親が年をとって相続が気になる頃には、兄弟姉妹は離れて暮らしていることが多く、集まって話す機会を持つのは難しい。盆や正月の帰省などで顔を合わせる機会に話し合おうにも、「1年の始まりのめでたい日に、親が死んだときの話をするなんて縁起でもない」と先延ばしにしてしまうことがほとんどだ。被相続人自身も、「まだ元気なのに、相続の話なんてしたくない」「自分が死ぬときのことを考えるのは気が滅入る」というのが正直な気持ちだろう。

「ファイナンシャルプランナー(FP)として仕事をする中で、被相続人と相続人が日常的に話し合う『場』があればいいのに、と考えていた」と話すのが、株式会社FP-MYS(エフピー・マイス)代表取締役社長CEOの工藤崇だ。

「一部の相続人だけで話をしていたり、被相続人の意思が全員に共有されていなかったりすると、心のどこかにしこりが残り、実際に相続する段階になったときに揉め事の原因になります。争族の原因は、資産の取り分の多寡ではなく、そうしたしこりであることが圧倒的に多いのです」

この問題を解決すべく工藤が生み出したのが、相続・贈与プラットフォーム 『レタプラ(LettePla)』。専門家と顧客とのあいだで相続の相談が日常的に行えるように、両者をチャットでつなぐサービスだ。

元気なうちに相続について考えてもらうことを目指すレタプラのターゲットは50代。いわゆる「団塊ジュニア」と呼ばれる世代だ。比較的ITに親和性がある世代だが、一般的に相続について考え始める70歳以降の人が利用する場合も視野に入れて、あえてアプリではなくWebサービスで展開している。利用者は検索サイトで「レタプラ」と入力してサイトに入り、サービスを利用するという流れだ。

サイト上で「財産を入力する」を選び、必須項目である現金、不動産、生命保険、および任意項目である証券、贈与、負債を入力すれば、現状の資産額から相続税の試算結果を自動的に算出してくれる。家族ごとの相続税の概算を知るには、家族構成のイラストから相続人にあたる人を選択するだけでいい。わかりにくい配偶者控除や不動産の評価方法なども自動で計算してくれるので、知識がない人でも安心だ。試算結果を相続人に知らせたいときは、SNSで簡単にシェアすることができる。

Profile

1982年、北海道生まれ。北海学園大学法学部卒業後、上京し、資格試験予備校に勤務。入院・手術をした際、「高額療養費制度」「医療費控除」の知識がなかったことから、「もっと世の中のことを知らなければならない」と一念発起してファイナンシャルプランナーの資格を取得した。その後、不動産会社を経て、FP事務所MYS(マイス)を設立し、代表に就任。雑誌寄稿、Webコラムを中心とした執筆活動、個人コンサルを幅広く手がけ、業務の幅を広げていった。現在は株式会社FP-MYSとして、相続問題を解決に導くサービスの開発に注力する。

Contact

株式会社FP-MYS

info@fp-mys.com

東京都港区虎ノ門4-3-1 城山トラストタワー4F docks-Toranomon内

https://fp-mys.com/