お客様の未来のため
常にそばで寄り添える
会計事務所でありたい

株式会社つばさ会計事務所

井上 孝史Takashi Inoue

代表取締役 税理士

スタートアップ企業から
上場準備会社まで

成長企業の支援を強みにする
税務会計のスペシャリスト

企業の懐に深く入っていく“ウェットなお付き合い”がモットー

スタートアップ企業や株式上場を目指す企業など、成長期の企業を中心に税務会計業務を支援しているのが、つばさ会計事務所だ。設立8年目で担当法人数は約130。税務、会計、給与計算のアウトソーシングからM&A、組織再編、株式公開、資金調達支援まで幅広いサービスを提供しているが、すべての仕事において大切にしていることがある。

「設立間もない企業や急成長中の企業は、優れたアイデアや技術やカリスマ性を持つオーナー社長が事業をけん引していますが、彼らは会計の専門家ではありませんし、社内にもノウハウはない場合がほとんどです。だからこそ私たちは、単に専門家として税務会計のチェックやアドバイスをするというより、お客様と一緒に手を動かし同じ方向を向きながら、共に事業成長を目指す存在でありたいです」

そう語るのは、代表取締役であり税理士の井上孝史。井上は自社のスタイルを“ウェットなお付き合い”だと称する。例えば、たった1枚の領収書でも「どういう意図で使われた経費なのか」「事業計画とどう関連しているのか」をきちんと把握したいそうだ。

「私たちが依頼される仕事はあくまでも税務や会計まわりの業務。しかし、お客様がどのような仕組み・戦略で売上・利益を得ているのかという‟経済実態“を丁寧に把握した上で業務を遂行するのがつばさ会計事務所のコンセプトです。理解しないままに重大な勘違い・誤解をして税務申告をすれば、大きな損害を与えることにもなりかねません。私たちは委託された業務範囲を越えてお客様のことを知りたいですし、その姿勢をご評価いただいたお客様からは、専門外のことも相談されますね」

井上に寄せられる相談は多岐にわたる。中には「親の介護について悩んでいる」などプライベートの相談も。もちろん、井上本人が専門外の相談を解決できるわけではない。解決できそうな知人がいれば紹介するが、悩みに耳を傾け、うなずくことしかできないときもある。しかし井上にとっては、「何かあったら声をかけてもらえる」関係になれたこと自体がうれしい。それに、その悩みが自身の仕事にまったくの無関係でもないそうだ。

「オーナー社長は、ご自身のプライベートが事業に少なからず影響を与えます。それこそ社長が親の介護などで第一線を退いたら事業成長は鈍化するかもしれない。社長個人の財政状況も経営の意思決定に関わってきます。社長が会社を創業した理由やサービスに賭ける想いなど、あらゆることを知り、深く関与するのが私たちのモットー。細部まで知り尽くした上で、お客様が描く将来像を一緒に実現させたいんです」

Profile

1975年、茨城県生まれ。早稲田大学法学部卒業。商社に就職するが、退職し、税理士を目指す。2004年、税理士登録(第99250号)。2006年、独立開業。

Contact

株式会社つばさ会計事務所

東京都千代田区平河町2-11-2 平河町グラスゲート8F

http://www.tsubasa-tax.co.jp/