「IPO準備支援」に強い
社会保険労務士事務所。
人事労務面の参謀として
組織の整備・成長を支える

株式会社エスティワークス

佐藤 貴則Takanori Sato

代表取締役/特定社会保険労務士

成長ベンチャーのIPO支援をはじめ
労務管理サポート実績300社以上

常に新しい知識を取り入れ、
トータルサービスを提供

人事労務における「参謀役」を担う

IPO(新規株式上場)を予定している企業が頭を悩ますのが、労務管理体制が上場企業としてふさわしいものになっているか、という点だ。そうした企業を支援するのが、佐藤貴則が率いる株式会社エスティワークス/社会保険労務士事務所エスティワークス。これまで300社を上回る企業に対して就業管理、労務管理に関するコンサルティングを行い、IPOを控えた企業の支援においても豊富な実績を持つ。

企業がIPO準備を進める過程では、労務管理体制に関してかなり厳しく審査され、不備は許されない。そこで社会保険労務士(社労士)に頼ることになるが、一般的な社労士は、資格取得に必要な知識は学んでいても、IPOに関する知識は持っていない。そこで、IPO準備支援に強いエスティワークスに白羽の矢が立つ。IPOを予定している企業から直接依頼を受けることもあれば、主幹事証券会社や監査法人からの紹介も多い。

IPOが視野に入ったベンチャー企業は成長スピードが速い。短期間で加速度的に社員が増えるが、労務管理の分野は後回しになってしまうことが多い。すると起こるのが労務問題だ。残業代未払いや解雇に関する問題、メンタルの問題など多岐にわたる。

いざ問題が起きたときに対処できる人材が社内にはいない。経営、財務、技術などの分野ではそれぞれチーフオフィサーが置かれているが、労務部門に関しては当てはまる役職者がいないケースがほとんどだ。

「私たちが人事労務における参謀役を果たし、安心してもらう。それによって企業が本業に集中できるようにしてさしあげたいと考えています」

これまで扱ってきたさまざまな企業のケースをはじめ、過去の労働紛争の判例研究にもとづき、ベストな選択ができるよう提案する。そんなコンサルティングのクオリティの高さが、クライアント企業から支持を得ている。

Profile

明治大学卒業後、上場メーカーにて勤務。最前線において管理職(ライン課長、プロジェクトマネージャー等)を歴任し、現場のマネジメントにあたる。2004年、社会保険労務士資格を取得。2005年、独立して社会保険労務士事務所エスティワークスを創設し、中小企業の社内規程の整備、労務管理指導、人事制度の導入コンサルティング活動を行う。その後、人事労務コンサルティングサービスの更なる拡充のため株式会社エスティワークスを設立。クライアントは多種多様な業種。知識の横流しではない「活きたノウハウ」と戦略的なコンサルティングを提供。

Contact

株式会社エスティワークス

東京都新宿区箪笥町34 VORT神楽坂5F

http://www.st-works.com