<EO Tokyo メンバーインタビュー>
ロールモデルになる経営者と経験をシェアできる

株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役社長 杉元 崇将

杉元 崇将Takamasa Sugimoto

株式会社ポジティブドリームパーソンズ

代表取締役社長

2017.01.31

EO_Tokyo_CMYK_Horizontal

EO Tokyo 会長

創業:1997年
EO加入:2013年

─ 会社の強みを教えてください

「感動を創り出す」技術とノウハウを蓄積

全国の主要都市において、ホテル・レストラン・ウエディング・バンケット・フラワー・コンサルティング事業を展開し、「お客様の人生に感動を創出する」ビジネスを展開しています。創業以来一貫して向き合ってきたのは、GDPでは世界3位を誇る日本のGNH(国民総幸福量)が、156か国中43位という現状に対する危機感。「モノでは満たされないココロ」の満足を追求し、17年の歳月をかけて経験やノウハウを蓄積してきました。そうして構築した独自のサービスを、「感動を創り出す技術」ととらえ、普遍化に向けて取り組んでいます。

ビジネスの拠点は東京をはじめ、大規模都市や韓国にも及びます。各地でご縁を結んだお客様の、結婚やパーティー、会食といった人生における大切なステージに、「感動」を届けるサービスを提供しています。今後は、この「感動を創り出す技術」を、自社だけでなく、日本全国に広めるため、豊かな心を持つ社員の育成や関連事業の拡大に取り組んでいきます。お客様の「ココロの満足」につながる感動を、「たまたま」ではなく、どんな場面においても確実に創り出す。そのメカニズムの構築こそが、当社の使命であると考えています。

─ あなたにとって「EO」に参加する価値とは?

ロールモデルになる経営者と経験をシェアできる

経営者としてもっと成長が必要だと感じていた時期、グロービスのMBAコースを受講しました。グロービスでは志を定めることや「経営」について体系的に学びましたが、もう少し実践的に力を付ける機会を作りたいと考えていました。そのとき、EO設立者である社長から「だったらやっぱりEOだよ」と勧められたのが、入会のきっかけです。

経営をしていると、会社のことを相談できる人がそうは周りに多くないものです。当時の経営者仲間とは友人のような関係になっていた。また、経営に保守的になっていた社長もいましたし、会社の規模にも差が出ていました。自分の会社をより成長させたいと思っていた僕にはフィットしなくなっていたんです。そこで、新たな出会いを求めました。

EOには国内で200人以上、グローバルメンバーも含めると1万人を超す経営者の人的資産があります。自分の会社よりもさらに大きな会社を経営している人たちや、ロールモデルになるような人が大勢いらっしゃいます。徹底した「守秘義務」の中で、そういう方々から経営者としての経験を共有してもらえる。自分の中の悩みや葛藤もざっくばらんに話すことができる。仲間同士の飲み会や雑談ではなく、高度な「経験シェア」であるところが、僕にとってのEOの最大のバリューです。

Q. あなたが自慢できることは?

「当社の最大の強みは「前向きで夢に溢れる人財集団(=ポジティブドリームパーソンズ)」であること。つまり「人財力」ですメンバーが強い競争力やベンチャーマインドを発揮する組織であることが自慢です。」

Q. これまでに挫折や失敗の経験は?

「経営を体系的にとらえることができていなかったころは、業績未達成や社員の離職も多発。組織に大きな停滞ムードが漂いました。しかし「そうなる原因は自分自身にある」と考えを改め、経営学を学ぶためにMBA習得を決意。「体に汗かく経営」から「脳に汗かく経営」への変革に自ら取り組みました。」

Q. 大切にしている言葉は?

「笑門福来」「有言実行」。
常に明るく笑顔で、決めたことは必ずやりきる人、約束を果たす人でいたい。


インタビュー・編集/垣畑光哉青木典子、高橋奈巳


Contact

株式会社ポジティブドリームパーソンズ

東京都渋谷区恵比寿南1-15-1 A-PLACE 恵比寿南ビル3F

http://www.positive.co.jp/

「EO Tokyo メンバーインタビュー」

「刺激と学びを得て圧倒的に成長したい」
「海外とのホットラインが欲しい」
「経営者にしかわからない課題や悩みを共有したい」

―― そうお考えの経営者の方

そしてベンチャー企業に興味がある方、

または起業志向でメンターやロールモデルを探している方へ

EOという経営者の会をご存知でしょうか?

EO - Entrepreneurs’ Organization(起業家機構)とは、1987年に設立された年商$1MILLIONを越える企業を担う若手起業家の世界的ネットワーク。現在48カ国157チャプター、11,000名以上のメンバーによって構成されています。

1995年にグロービス堀社長(EO Japanファウンダー)を中心とする日本の起業家が集まり、アジアで初めて、日本支部となるEO Japanを設立。2010年のEO Osaka誕生以後はEO Tokyoと改め、第21期の現在では約230人が在籍しています。

EOの価値、そしてそれぞれの会社・起業家の強みや魅力を、現役EO Tokyoメンバーのインタビューから、ぜひ感じ取ってください。

週間アクセスランキング