ソフトバンクの原点を継承。
ICT、IoTへの
チャレンジも加速させ
ナンバーワンを目指す

SB C&S株式会社

市川 隆博Takahiro Ichikawa

コーポレート管理統括室 室長

ICT関連の取り扱い商材は40万点。
パートナー企業は1万社以上

ソフトバンク創業時の事業とDNAを
引き継ぎ、さらなる拡大へ

法人&一般消費者に「便利」「楽」「楽しい」を届ける

『ソフトバンク』と聞けば、真っ先に携帯電話事業を思い浮かべる人がほとんどだろう。通信をはじめ幅広い事業を展開するソフトバンクグループだが、1981年の創業当時はパソコン用パッケージソフトの流通事業からスタートした。その原点というべき事業を引き継いでいるのがSB C&S(エスビーシーアンドエス)株式会社だ。

この数十年の間に、取り扱い商品はソフトウェアからハードウェア、IT周辺機器、ネットワークOS、モバイルアクセサリーなどまでジャンルが拡大。現在はクラウド・AIといった最新テクノロジーにも注力し、働き方改革、生産性向上を図る企業をサポートしている。法人向けに関しては、取り扱いメーカーは4000社、取り扱い商材は40万点以上。「ICT分野で扱っていないものはない」という状態だ。販売パートナーは全国で約1万社・4万拠点に達する。

一方、スマートフォンユーザーをはじめとする一般消費者向けには、機能やデザイン性に優れたプロダクトを提供。スマート家電コントローラーやコミュニケーションロボットなど、IoTを活用した新しいライフスタイルを実現するアイテムも届ける。自社ブランド商品も含め8万3000点以上を扱い、店舗数は2万5000店以上という規模だ。

コーポレート管理統括室室長の市川隆博は、SB C&Sで働く醍醐味をこう語る。

「私たちが扱ってる商品は、世の中を便利にしたり、日々の生活や働き方を楽しくしたり、楽にしたり、豊かにしたりするもの。そうしたアイテムをお客様にお届けして喜んでいただき、社会への貢献を感じられることが大きなやりがいです」

同社は7期連続で過去最高益を更新中。分社から4年間で営業利益は2倍に伸びており、2020年にはさらに1.5倍への成長を目指す。

市川はSB C&Sの強みを「37年の歴史の中で培われてきた信頼」だと自信を見せる。多くのメーカーやパートナーと関係を築いてきたことで、流通事業そのものが「プラットフォーム」として確立されており、そこに乗せた商品はスムーズに流れていく。直販を行う会社から転職してきた人は「お客様から次々と見積もり依頼や注文が入ってくる」状況に驚くという。

「戦略も明確。事業領域・ビジネスモデル・収益構造・ターゲット市場、その4つの柱から戦略を組み立て、それに則ってしっかり積み上げてきた」と市川。例えば、もともとの流通業、つまり「商社」の立場だと商品を流して単発的に収益を挙げる「フロー型」だが、継続的に収益を生む「ストック型」のビジネスモデルの確立を図り、モバイル代理店としての機能をゼロから立ち上げた。クラウドやセキュリティのように、スマホ、ipadなどで使われるサービスも「ストック型」だ。また、モバイルのアクセサリーや周辺機器などは自社プライベートブランドとして収益率が高い商品を送り出した。流通事業に関しては、常に最新の技術や製品へのアンテナを張り、競合よりも早くリーチして独占契約を結ぶ。

ソフトバンクグループ代表の孫正義氏が描くのは「群戦略」。グループ各社が裁量権を持って経営し、各分野のナンバーワンとなり「ナンバーワン企業の群れ」となることだ。SB C&SもICT製品の製造・流通・販売分野で圧倒的ナンバーワンを目指す。

Profile

大学卒業後、SIerでアジアの通信関連システムの設計・開発を担当。1993年にソフトバンク株式会社へ入社。総務部門で株主対応や株主総会運営などを担当後、人事として新卒・キャリア採用、給与・社保業務、純粋持ち株会社への移行(分社)、新規事業の立上げ支援、事業会社の総務人事責任者、組織人事、出資に関わる人事デューデリ、SBグループ通信4社統合などの経験を経て、2016年4月よりソフトバンク コマース&サービス株式会社(現:SB C&S)で人事、総務および広報を統括する。現在は、勝ち続ける組織と魅力ある会社の実現に向けて、日々、奮闘中。

Contact

SB C&S株式会社

東京都港区東新橋1-9-2 汐留住友ビル

https://cas.softbank.jp/