楽しみながら
心と身体が磨かれる
「ファイトネス」の底力

大山 峻護Syungo Oyama

元・総合格闘家/Fightness代表

アスリートの「思い込み力」が
ファイトネスを生み出した

格闘技×フィットネスで
プログラムを提供し
日本中を元気にする

楽しみながら心と体を同時に鍛えるファイトネス

格闘技とフィットネスを融合した新しいタイプのトレーニングプログラム「ファイトネス」。このプログラムを広げているのは、PRIDEK-1 HERO’Sなどで活躍した元総合格闘家の大山峻護だ。格闘技の基礎運動を体感し、楽しみながら、健康な体づくり、くじけないメンタリティを身に付けることを目指している。

高校・大学などの教育機関をはじめ、現役アスリートや芸能人、経営者らの個人トレーニングで依頼されるほか、特に近年は企業の社員研修としてのニーズが高まっている。

「ファイトネスを企業研修として展開し始めたのは、201512月に改正労働安全法が施行されたのがきっかけでした。従業員50人以上の事業所でストレスチェック制度、すなわち社員のストレスの度合いを検査する制度が義務化されたのです。その1年前の2014年、僕は引退試合を最後に選手生活にピリオドを打ち、さて何をしようかと模索して、面識ある経営者の方々を訪ね歩いていました。その中で、ストレスを抱えながら毎日働く社会人が多いことを耳にしたんです。『ストレス解消には体を動かすのがいちばんですよ』と言っても、多くの方が『なかなか機会がなくてね』と。『ならば僕がお訪ねして、その機会作りのお手伝いをさせてもらえませんか』と提案したのが始まりでした」

現在、ファイトネスを社員研修に導入したことのある企業は90社以上。名のあるIT会社や大手百貨店、経営コンサルティング会社、不動産グループなど、業種も経営規模も大手・中小を問わず実にさまざまだ。

「すべての企業が福利厚生のジムを持っているわけではないので、会議室や倉庫の一角などでも行えるよう、柔軟に対応できるプログラムになっています。風船を膝蹴りでキャッチし合う、タオルや紐のついたボールを手でブロックするといったゲーム性のあるメニューが中心で、体を動かすことを楽しみながら、知らず知らずのうちに格闘技の基本動作が身に付くように工夫しています。最後は両手にグローブをつけてミット打ちをしてもらうんですが、女性や50代以上の方など、年齢や性別問わずみんな笑顔で気持ちのいい汗を流していただいています」

ファイトネスの開始から23年の間に多くの企業に導入されているのは、「ストレス解消」だけでなく、「チームビルディング」や「メンタルタフネス」といった成果にも大きく貢献しているからだという。

「ファイトネスは、会社の部署ごとに1030人くらいの規模で行われることも多いんですが、『同じ職場で働く仲間と一緒に体を動かす機会を持てて、結束力が高まった』という声をよくいただきます。また、体を動かすことに消極的だった方からも、『アスリートのトレーニングを体感することで、自分には無理と思っていたことに挑戦するメンタルが鍛えられた』と評価してくださる方もたくさんいらっしゃいます。それこそがファイトネスの目指すところ。楽しみながら心と体を同時に鍛えることを目標としています」

Profile

1974年、栃木県生まれ。幼少より柔道を学ぶ一方で、全日本サンボ選手権を4度制すなど、柔道をベースにした確かなグラウンドテクニックには定評がある。

00年に行われた、桜庭和志. VS. ホイス・グレイシーの試合に感銘を受けた。その後に出場したアブダビコンバットを契機にプロに転身。第7KOTCでは、自身より30キロ以上重いマイク・ボークを右ストレート一撃、僅か17秒で倒し、プロデビューを飾る。

PRIDE初参戦となった『PRIDE.14』ではヴァンダレイ・シウバと対戦し敗退。さらにその後、網膜剥離で長期の欠場を余儀無くされる。

復帰戦となった『PRIDE.21』では強敵ヘンゾ・グレイシーを判定で破る殊勲を演じ、PRIDE初勝利を挙げる。 その後もハイアン・グレイシー、ダン・へンダーソン、ミルコ・クロコップら強豪と対戦を重ねる。

053月に『HERO’S』に初参戦。ヴァレンタイン・オーフレイムを相手にアンクルホールドで一本勝ちを果たすと、その後、カク・ユンソブ、ピーター・アーツ、ホドリゴ・グレイシ、カーロス・ニュートンといった強豪からも勝利を収める。

07年には美輪明宏主演『双頭の鷲』で役者としてデビュー。

2014年引退後、ファイトネスを設立。現在は指導者として活躍している。

Contact

http://shungooyama.spo-sta.com/