二兎を追って
二兎を得られる
世の中を創る

株式会社HARES

西村 創一朗 Soichiro Nishimura

CEO/複業研究家

仕事と育児の両立、
副業・複業による
「スパイラルキャリア」を支援

企業のエンゲージ経営を推進する
働き方改革の「ドラえもん」

 目次

人々が自分らしい生き方を選択できるよう、社会の常識を変える

「二兎を追って二兎を得られる世の中を創る」

複業研究家・西村創一朗が掲げるビジョンだ。

日本社会ではこれまで「終身雇用」「男性は仕事、女性は家庭」といった、二者択一的な生き方が当たり前だったが、そんな時代は過ぎ去った。「仕事」と「子育て」の二兎。本業と複業(副業)の二兎。二兎を得たい個人を支援するとともに、二兎を追うことを認め応援するような社会をつくることを、西村は自身のミッションとしている。

西村は学生時代からNPO法人ファザーリング・ジャパンの理事として、父親が仕事と育児を両立して楽しめるような「父親支援」「男性の意識改革」に取り組んできた。

また、代表を務める株式会社HARES(ヘアーズ)では、副業・複業に興味がある人のためのオンラインサロン「HARES COLLEGE」を主宰。複業に関するノウハウや複業家へのインタビューといった情報を提供するほか、交流イベントも開催している。

しかし、個人が「二兎を追う」生き方を望んでも、それを認めない企業が大多数を占めるのが現状だ。「イクメン」という言葉が浸透し、会社員男性へのアンケートで「育児休暇を取りたい」という男性が70%近くに達する結果が出ている一方、実際に育休を取っている男性は3%にも満たない。副業についても禁止している企業が多く、社会人大学院に通うことさえ、会社に内緒にしている人が多いのだという。

「自分らしく生きることが、社則や職場環境によって阻害されている。そんな現状を変えたいんです。そのために、経営のあり方そのものから考え直す必要があると思っています」

HARESでは、企業に対し、採用や働き方改革のコンサルティング、BtoBマーケティング支援なども行っている。その中で、「副業禁止規定をなくす」「男性の育休取得率の向上」「時間と場所に縛られない働き方の創出」といった取り組みを推奨している。

これらは一見、社員だけにメリットがある「福利厚生」と思われがちだ。しかし、実のところ、企業の「成長戦略」としても有効であると、西村は言う。

「今、利益を挙げて伸びている会社と行き詰まっている会社。分かれ目は何かというと、『エンゲージメント』が高いか低いか、なんです」

西村 創一朗

Profile

1988年生まれ。当時19歳の頃に長男が誕生し、学生パパとなる。その後、2009年よりNPO法人ファザーリング・ジャパンに参画し、現在は最年少理事を務める。

大学卒業後、2011年に新卒でリクルートキャリアに入社。MVP受賞歴多数。本業の傍ら2015年に株式会社HARESを創業し、仕事、子育て、社外活動などパラレルキャリアの実践者として活動を続けた後、第三子となる長女の誕生を機に「通勤をなくす」ことを決め、2017年1月に独立。独立後は「週休3日」で家族と過ごす時間を倍増させながら、複業研究家として、働き方改革の専門家として個人・企業・政府向けにコンサルティングを行う。講演・セミナー実績多数。2017年9月より「我が国産業における人材力強化に向けた研究会」(経済産業省)の委員を務める。

Contact

株式会社HARES

株式会社HARES 公式サイト

http://hares.jp/company/

 BOOK LAB TOKYO

東京都渋谷区道玄坂 2-10-7 新大宗ビル1号館 2F

http://booklabtokyo.com/