二兎を追って
二兎を得られる
世の中を創る

株式会社HARES

西村 創一朗Soichiro Nishimura

CEO /複業研究家

企業を成長に導く「エンゲージメント経営」を支援

エンゲージメントとは「つながり」の意。人事分野では、企業と社員の関係性を示す。エンゲージメントが高いということは、社員の会社に対する「愛着」「思い入れ」が深く、さらには「会社と個人が双方の成長に貢献し合う関係」が築かれている状態といえる。

「『イントラパーソナル・ダイバーシティ(個人内の価値観の多様化)』という言葉があります。つまり、会社以外に家庭やそれ以外の第3の社会活動の場――副業、趣味、ボランティアなど複数の拠点を持って活動すること。そのように個人の中で多様性を持つことがイノベーションを生み、成長につながり、ひいては会社への貢献にもつながる。だから会社としては、個人の価値観の多様化を支援することで、エンゲージメントが高い組織をつくることができるのです。そして、従業員エンゲージメントをスコア化した『eNPS』という指標があるのですが、このスコアが上がると、次は『NPS』=顧客ロイヤリティ(企業やブランドへの愛着・信頼)が上がると言われている。つまり、中長期的に会社の利益や成長につながるんです。僕が目指すのは、そんな好循環を創り出すことです」

これに気付いた企業では、仕事と育児の両立支援制度や働き方改革に取り組む一方、「副業解禁」の検討を始めている。先進的なベンチャー企業ではいち早く「副業解禁」を打ち出し、すでに効果を挙げているケースが見られるが、2017年以降、その取り組みが幅広い業種の大手にも広がってきたという。西村のもとには大手企業からの研修依頼が相次いでおり、先日はJR東日本グループでも「副業入門講座」を実施した。その他、数多くの企業から依頼を受け、副業解禁など人事変革のコンサルティングを行っている。

西村の働きかけは政府機関にも及ぶ。政府は「日本再興戦略」として起業を推奨し、「兼業・副業を通じた新事業創出に関する研究会」も設置。西村は経済産業省の「我が国産業における人材力強化に向けた研究会」に最年少委員として選出され、提言を行っている。

副業解禁の促進にとどまらず、「エンゲージメント経営」を推進するために、さまざまな角度から提案やサービス提供を展開。例えば、長時間労働削減の施策、リモートワークの仕組みづくり、コミュニケーションの活性化・迅速化のためのチャットツールの導入など。また、「採用」にもイノベーションを起こすべく、自らがリクルートキャリア在籍時代に導入して手応えを得た「リファラル・リクルーティング(自社社員や内定者に別の人材を紹介・推薦してもらう採用手法)」のノウハウも伝える。

新たに取り組むのはHRTech系プロダクトの事業開発支援。人事担当者が会社にとって本質的に必要なものを考え、実行することにパワーをかけられるように、ルーティンのオペレーションワークをテクノロジーで効率化・負担軽減する方法を探っている。

こうして西村は、組織創りにまつわる引き出しを豊富に備え、それぞれの企業に適したものを提供しているのだ。

「僕は、働き方改革の『アンバサダー』でありたい。100社あれば、100通りの課題がありますから。『エンゲージメントの高さ』という指標で、日本は今、世界139カ国中132位という残念な労働環境にあります。こんな社会に、我が子を送り出すわけにはいきません。働くことによって不幸になる可能性があるような状況を何とかしなければ。僕の長男が社会に出る2030年までには、日本のエンゲージメントを世界ワースト10から世界ベスト10まで引き上げることが僕のチャレンジ目標です。その達成のためにできること、すべきことは全部やろうと思っています」

Profile

1988年生まれ。当時19歳の頃に長男が誕生し、学生パパとなる。その後、2009年よりNPO法人ファザーリング・ジャパンに参画し、現在は最年少理事を務める。

大学卒業後、2011年に新卒でリクルートキャリアに入社。MVP受賞歴多数。本業の傍ら2015年に株式会社HARESを創業し、仕事、子育て、社外活動などパラレルキャリアの実践者として活動を続けた後、第三子となる長女の誕生を機に「通勤をなくす」ことを決め、2017年1月に独立。独立後は「週休3日」で家族と過ごす時間を倍増させながら、複業研究家として、働き方改革の専門家として個人・企業・政府向けにコンサルティングを行う。講演・セミナー実績多数。2017年9月より「我が国産業における人材力強化に向けた研究会」(経済産業省)の委員を務める。

Contact

株式会社HARES

http://hares.jp/