二兎を追って
二兎を得られる
世の中を創る

株式会社HARES

西村 創一朗Soichiro Nishimura

CEO /複業研究家

仕事と育児の両立、
副業・複業による
「スパイラルキャリア」を支援

企業のエンゲージ経営を推進する
働き方改革の「アンバサダー」

 目次

人々が自分らしい生き方を選択できるよう、社会の常識を変える

「二兎を追って二兎を得られる世の中を創る」

複業研究家・西村創一朗が掲げるビジョンだ。

「仕事」と「子育て」。「本業」と「副業(複業)」。そうした二兎を得たい個人を支援するとともに、二兎を追うことを認め応援する社会を創ることを自らの使命とする。

代表を務める株式会社HARES(ヘアーズ)では、副業・複業に興味がある人に向けて「つながりの場」「学びの場」「事業開発の場」を提供している。

完全招待制オンラインコミュニティ『HARES COMMUNITY~複業家1000人プロジェクト』や複業家のための学校『HARES UNIVERSITY』を運営。これらは複業や独立起業のノウハウ、最新のビジネストレンド、マーケット状況を学べる場だ。

ほか、『HARES WORKS』では、フルタイムではなく「ハーフタイム社員」として働きたい人のための転職を支援。複業したい人と、複業OKの会社のマッチングを手がける。

しかし、個人が「二兎を追う」生き方を望んでも、それを認めない企業が大多数を占めるのが現状だ。「イクメン」という言葉が浸透し、会社員男性へのアンケートで「育児休暇を取りたい」という男性が70%近くに達する結果が出ている一方、実際に育休を取っている男性は3%にも満たない。副業についても禁止している企業が多く、社会人大学院に通うことさえ、会社に内緒にしている人が多いのだという。

「自分らしく生きることが社則や職場環境によって阻害されている。そんな現状を変えたい」という西村は、経営のあり方そのものから考え直す必要があると考えている。

そこで、HARESでは企業向けに、働き方改革を通じた人・組織開発の支援も行っている。その中では、「副業禁止規定をなくす」「男性の育休取得率の向上」「時間と場所に縛られない働き方の創出」といった取り組みを推奨している。

これらは一見、社員だけにメリットがある「福利厚生」と思われがちだ。しかし、実のところ、企業の「成長戦略」としても有効であると、西村は言う。

「今、利益を挙げて伸びている会社と行き詰まっている会社。分かれ目は何かというと、『エンゲージメント』が高いか低いか、なんです」

Profile

1988年生まれ。当時19歳の頃に長男が誕生し、学生パパとなる。その後、2009年よりNPO法人ファザーリング・ジャパンに参画し、現在は最年少理事を務める。

大学卒業後、2011年に新卒でリクルートキャリアに入社。MVP受賞歴多数。本業の傍ら2015年に株式会社HARESを創業し、仕事、子育て、社外活動などパラレルキャリアの実践者として活動を続けた後、第三子となる長女の誕生を機に「通勤をなくす」ことを決め、2017年1月に独立。独立後は「週休3日」で家族と過ごす時間を倍増させながら、複業研究家として、働き方改革の専門家として個人・企業・政府向けにコンサルティングを行う。講演・セミナー実績多数。2017年9月より「我が国産業における人材力強化に向けた研究会」(経済産業省)の委員を務める。

Contact

株式会社HARES

http://hares.jp/