東京と沖縄を拠点に
スポーツ界を盛り上げる。
選手や子どもたちが
夢を描けるように

SHGホールディングス株式会社/琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社

早川 周作Shusaku Hayakawa

代表取締役/代表取締役

2018年開幕の卓球プロリーグ「Tリーグ」に挑戦する
『琉球アスティーダ』

ビジネス経験を活かして
スポーツ事業を面白くする企画を仕掛ける

卓球プロリーグが開幕。沖縄の子どもたちが夢を追える環境を

卓球界において、初の国内プロリーグ「Tリーグ」が2018年秋に開幕。Tリーグに沖縄から挑戦するのが『琉球アスティーダ』だ。この琉球アスティーダの運営会社として、2018年3月、「琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社」が設立された。その代表に就任したのが早川周作だ。

「私のビジネス経験を活かせば、日本のスポーツ界をもっと活性化できる。アスリートの収入アップにもつなげられる。子どもたちに夢やチャンスを与えることもできる。だから、取り組む価値があると思ったんです」

琉球アスティーダは、リオ五輪・卓球男子団体の銀メダリストであり、世界ランキング日本人最高位7位(2018年3月現在)の丹羽孝希選手、チャイニーズタイペイ代表で世界ランキング過去最高位3位の荘智淵選手、福原愛選手の夫として知られる台湾の江宏傑選手らを獲得。JリーグクラブFC琉球とも包括協定を結び、チーム強化はもちろん、卓球界全体の盛り上げに向けて動き出している。

早川はもともとSHGホールディングス株式会社の代表として、飲食店運営、リラクゼーションサロン・ネイルサロン運営、出前&ケータリングサービス、ECなど幅広い事業を展開してきた。事業家としての成功経験を活かし、現在は経営コンサルタントとして約90社のベンチャー企業の顧問・アドバイザーを務めている。

スポーツビジネスというと、それまではゴルフ事業しか経験がなかった早川。代表就任の要請を受け入れたのは、チェアマンであり、オリンピックに4回出場の経験をもつ松下浩二氏の想いに共鳴したからだ。

「『5歳から始めて、15歳で世界大会でメダルを獲れる可能性がある。貧富の差が拡大している沖縄で、子どもたちが資金の負担なくチャンスを与えられるスポーツって、卓球以外ありますか』と。松下さんが真っすぐな目で訴えかけてきたんです。私自身、7年前から沖縄に居を構えて、年の半分は沖縄で過ごしていますが、基地問題など政治的に難しい立場にあり、経済にも閉塞感が漂っているのを痛感していました。だから、彼の言葉がストレートに響いたんです」

恵まれた環境にいる人だけが強くなって勝ち抜いていける社会ではなく、弱い立場にある人も光を当てられ、チャンスを与えられる社会をつくっていきたい――それは、これまで早川が取り組んできたことと共通する理念だった。何しろ早川自身が、かつては「社会的弱者」だったのだ。

Profile

秋田県秋田市出身。大学受験を目前に家業が倒産し、父が蒸発。アルバイトで学費を貯めて明治大学法学部へ進学し、学生起業家として数多くの会社の経営に参画。その後、元首相の秘書として2年間勉強し、28歳で国政選挙に出馬。次点となって経営者に戻ってからは、日本最大級の経営者交流会を全国で開催するほか、弁護士、行政書士、公認会計士、税理士、社労士、その他の専門家と連携して 約 90 社のベンチャーで法務・財務・営業支援などを指揮。「日本のベンチャーを育てる」を原点に活動する。

現在は飲食事業などを運営する SHG ホールディングス株式会社代表取締役、南青山リーダーズ株式会社取締役、株式会社スキャる執行役員などを兼務。また2018年2月には、国内初の卓球プロリーグ・Tリーグに参戦する「琉球アスティーダ」を運営する琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社代表取締役に就任。月の半分を過ごす沖縄の地域貢献や琉球大学でも教鞭をとるなど、誰もが等しく夢を持てる社会の実現を目指す。

Contact

SHGホールディングス株式会社/琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社

琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社

沖縄県那覇市鏡原町1-63 亀甲ビル1F

https://ryukyuasteeda.jp/

 

SHGホールディングス株式会社

東京都中央区銀座1-14-7 銀座吉澤ビル3F

http://shgh.jp/