スポーツ産業の
振興を通じて
ハンドボールを
メジャースポーツに

株式会社ジャパンコンテンツトークン/琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社/株式会社サーキュレーション

東 俊介Shunsuke Azuma

Buisiness Development Manager/取締役/バリューアップ推進室

多彩な活動で
スポーツ、ビジネス界を活性化

元“運動音痴”のトップアスリート
として、誰もがスポーツを楽しめる
世界を広げたい

経営コンサル、スポーツ団体理事、講師…多彩なビジネスを展開

日本における、ますますの普及と発展が望まれるスポーツの一つ、ハンドボール。6名のコートプレイヤーと1名のゴールキーパーの7名制で対戦するチームスポーツで、素早いパス回しや力強い攻防が繰り広げられるハードな競技だ。ジャンプをしながら投げ入れるダイナミックなシュートは迫力があり、スピード感溢れる試合展開は、見る者を圧倒する。

ハンドボール実業団チームの中でも長い歴史と実績を誇る名門、大崎電気「OSAKIOSOL」に所属し、同チームと日本代表のキャプテンとして活躍したのが東俊介だ。191㎝の体格を活かしたポストシュートを得意とし、日本のハンドボール界をけん引してきた。

現役引退後、経営コンサルタント、健康食品会社やパーソナルジムの社外顧問、アドバイザーとして活動し、中央学院大学ではスポーツビジネス論の非常勤講師を務める。

最近では、日本の優れたコンテンツを世界へ発信するPR企業、株式会社ジャパンコンテンツトークンのマネジャーに就任。ハンドボールに限らず、相撲や柔道といった日本発祥のスポーツの魅力を海外へPRする役割を担う。

一方、スポーツの振興活動にも注力。2018年開幕の卓球プロリーグ(Tリーグ)に参戦する「琉球アスティーダ」の取締役、「世界ゆるスポーツ協会」理事を務め、さらに日本財団が推進する「HEROs」プロジェクトのアンバサダーとして、有名アスリートたちとともに、スポーツを通じた社会貢献活動に取り組んでいる。

「日本のスポーツ界をもっと盛り上げていきたい。そのためには、スポーツ産業を活性化させる必要があると考えています。そして、私が究極の目標としているのは、ハンドボールをメジャースポーツにすることなのです」

photo by Kenta Tazaki

Profile

1975年、石川県金沢市生まれ。中学でハンドボールを始め、金沢市立工業高等学校、国際武道大学を経て、1998年、大崎電気「OSAKIOSOL」に入団。同チーム、日本代表のキャプテンを務め、2009年、現役を引退。早稲田大学大学院社会人学科にて平田竹男教授に師事。

2016年、大崎電気を退社、同年、株式会社サーキュレーションに入社し、バリューアップ推進室メンバー及び経営コンサルタントとして活動を開始。株式会社ジャパンコンテンツトークンマネージャーに就任。

スポーツ振興の分野では、Tリーグ「琉球アスティーダ」取締役、世界ゆるスポーツ協会理事、アンバサダー、日本財団「HEROs」プロジェクトアンバサダーを務める。

保有資格は(財)日本体育協会公認スポーツ指導者(ハンドボール)、教員免許状一種(中学・高校体育)、スポーツ科学修士、一般社団法人日本トップリーグ連携機構「ボールであそぼうマイスター」。

Contact

株式会社ジャパンコンテンツトークン/琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社/株式会社サーキュレーション