文系からエンジニアへ。
広報の役割も担い、
ブログや動画を通じて
仕事の魅力を発信する

ネットビジョンシステムズ株式会社

先山 周Shu Sakiyama

情報システム部 兼 広報部

幼少期や学生時代に好きだったことが、今につながっている 

「エンジニア」と「広報」。ネットビジョンシステムズ入社1年目にして、二足の草鞋を履いて活躍しているのが先山周だ。

ネットワークエンジニアとしての仕事は、ネット環境の障害対応や機器交換といった運用保守がメイン。任されているクライアントは世界でもトップクラスのIT企業や国内大手証券会社だ。最近では先輩社員レクチャーのもと、プログラミングを学び、開発業務にも携わり始めた。加えて、会社ブログの記事執筆や動画作成などの広報活動も担う。

実は先山は「文系」だ。大学時代は言語学を専攻し、出版サークルに所属してフリーペーパーを制作したり、動画編集のアルバイトをしたりしていた。就職先として、その経験を活かせる出版業界や趣味のゲーム業界を志望していたが、就職活動を進めていく中で、IT系エンジニアは何度も募集がかけられていることに気付く。「プログラミングの知識があれば道はさらに広がるのでは」と、その必要性・将来性を感じるようになっていった。

エンジニアにもさまざまな領域があるが、中でもネットワークエンジニアであれば、ネットワークシステムの基盤をしっかりと理解すれば長く続けていけると確信。未経験者を採用していたネットビジョンシステムズに入社した。

この仕事の魅力について「昔から好きだったレゴブロックや謎解き系ゲームに似ている」と、先山は言う。

「障害対応でいえば、障害の原因となる要素を一つずつ潰しながら復旧していく作業は、謎解きをしながらゴールに向かっていくRPGゲームに通ずるところがあると思います。どの道筋を進めば、早く正解へたどり着けるのか。論理的に考えていくことが面白い。レゴとプログラミングも、組み方が何十通りもある中からスマートなやり方やスタイリッシュな形を追求していく点が共通しています。経験も知識もゼロから入社したけど、意外と子供の頃に夢中になっていた遊びが今に活きていますね」

先山と同年代の若手が多いネットビジョンシステムズは、役職のある社員も新入社員も分け隔てなく、フランクに接する会社だ。「何でもまずはやってみよう」というベンチャーマインドも、先山にとっては刺激的であり、楽しく仕事に臨める理由の一つだという。

先山は学生時代の経験を買われ、動画制作やブログの編集を任された。情報を届ける相手は「未来の仲間」だ。就活生や転職先を探している人たちに、ネットビジョンシステムズを知ってもらい、理解を深めてもらうのがミッション。「今の自分にしか発信できない情報」を伝えられるように努めている。

「エンジニアってどんな仕事なのかな、文系出身でも大丈夫かな、といった些細な疑問や不安を取り除いて、一人でも多くの仲間を増やしていけたらうれしいですね。たまにゆる~い内容の記事を書いても、『面白いじゃん』と上司はOKを出してくれるので、『あ、本当に自由な会社だな』と(笑)」

文系大学生だった1年前には想像ができなかった「エンジニア」の自分。そして本来の強みを活かし、現場で起きている出来事をブログや動画で伝えている広報としての自分。「バランスよく、どちらの仕事も大切にしたい」と、先山は言う。

「今後のキャリアプランは厳密には立てていません。今の自分があるように、想像の範囲を超える新しい経験がいつ降ってくるかわからないから。新たなチャレンジに対しては不安もありますが、それ以上にワクワク感もある。それを楽しんでいきたいです」


インタビュー・編集/青木典子、堤真友子 撮影/平山諭

Contact

ネットビジョンシステムズ株式会社

東京都中野区新井1丁目26−6 いちご中野ノースビル 5F

https://www.netvisionsystems.biz/