プロダクトに寄り添った
サウンド制作を実現して
顧客の真のニーズを満たす

株式会社ソレモ

善里 信哉Shinya Yoshisato

代表取締役

遊技機サウンドで培った
ジャンルを問わないサウンド制作

プロのクリエイターが集結して
ワンストップの制作をおこなうことにより
顧客に満足されるサウンドを実現!

 目次

「プロダクトに寄り添うサウンド制作」で業績を伸ばす

「音をデザインするスペシャリスト集団」をご存知だろうか――。

楽曲や効果音制作、ボイス収録に至るまで、あらゆる音を提供しているスペシャリスト集団。それが株式会社ソレモだ。遊技機(パチンコ台)を中心に、ゲームやデジタル広告、カジノマシンなど、幅広いジャンルの音付けをおこなうことが特徴。代表取締役の善里信哉は、遊技機サウンドの特徴について、次のように語る。

「遊技機サウンドは『意思を持った音』でなければいけません。騒がしい場所で、ユーザーの気持ちを掻き立て、気持ちを揺さぶるためには、何となくの雰囲気で流れている音ではなく、意思のある誰にでもわかりやすい音で訴える必要があるんです。ユーザーにとって遊技機を楽しむ時間は、投資の時間でもあります。ですから、数秒でユーザーを興奮させる、密度の高い音作りが試されています」

このような遊技機サウンドは、数か月から1年間かけて作り込まれていく。それだけの時間がかかるのは、「楽曲」「効果音」「ボイス」という数千に及ぶ音素材を駆使しながら、何時間分もの演出に対して音をデザインしていく必要があるからだ。また、アニメ、ドラマ、アイドル、アーティストなどあらゆるジャンルがあり、求められるテイストも異なる。しかも、ユーザーに飽きられないような演出を盛り込まなければいけない。多種多様なニーズに対して、そのジャンルを得意とするクリエイターとチームを組み、サウンド制作をしていく。遊技機サウンドのパイオニアとして牽引してきたソレモだからこそ可能なスタイルなのだ。

一般的な音楽制作プロダクションといえば、「作家事務所」や「声優事務所」など、ある特定の専門分野に特化した会社が多い。一方、ソレモはそうではなく、作曲家から声優に至るまで、あらゆるパートナーと手を組んで、幅広い分野をカバーできるようになっている。そのため、ワンストップで作り出した音を、短納期で提供できることが強みだ。

「専門分野に特化した会社では、『これだけ良質なキャラボイスを提供できる』などとパーツの良さだけを訴求することが少なくないでしょう。しかし、それだけをお客様が求めているとは限りません。大切なのは、お客様のニーズに応え、サウンドでお客様のプロジェクトを押し上げることです。そのためにソレモでは、プロダクトに寄り添うことを重視しています」

善里はニーズに応えることだけを目標に、目の前のプロダクトと向き合ってきた。そして、サウンドが付加されることで印象が激変していく感動に触れるたび、サウンドの可能性を感じてきたという。善里の「プロダクトに寄り添うサウンド制作」の源泉は、一体どこにあるのだろうか。

Profile

立命館大学文学部 人文総合科学学科卒。2002年にサウンドクリエイターとして株式会社 平和に入社。その後 株式会社バンダイナムコゲームスを経て、株式会社ソレモを設立。クリエイティヴで新しいサウンドを世界に発信している。

Contact

株式会社ソレモ

東京都江東区青海2-7-4 the SOHO 1225号室

http://www.soremo.jp/