何かに向かって努力をし、目標を達成する。私の生き方は昔も今も変わっていません

株式会社ジールコミュニケーションズ

薮崎 真哉Shinya Yabusaki

代表取締役

Webリスクコンサルティングのパイオニア

当社のメイン事業は「Webリスクコンサルティング」です。インターネット上に誹謗中傷、ネガティブな情報が表示された場合、その風評被害が引き金となり売り上げの減少、信用問題、人材確保の困難、時には倒産に追い込まれるなど、企業にとって深刻な問題となりかねません。例えば、「ブラック企業」という言葉がすっかり定着した今、就職活動で志望する会社を「会社名 ブラック」と事前に検索することはもう一般的です。「ブラック」の烙印を押されたために学生の内定辞退が続くといった事例も増えています。

ネット上の風評被害が広がっている原因としては、スマホの普及、ツイッター等のSNSの盛り上がりなどがあり、今後も様々な形での風評被害が発生していくことが予測されます。そういった風評被害から当社独自のノウハウで企業を守るのが「Webリスクコンサルティング」事業です。

この事業を始めたきっかけは、お客様からの相談でした。当社はWeb広告やSEO対策などPR事業からスタートしたのですが、ある時「ネット上に自社のネガティブな情報が表示されているのでなんとかならないか」という相談を受けました。そういう仕事を依頼できる会社を探して紹介しようと思ったのですが見つからず、そこで「競合がいない市場はチャンスかもしれない。自分たちでやってみよう」と8年前にスタートしました。

試行錯誤するうちに徐々に問い合わせも増え、今では当社の売り上げの90%を占める事業に成長しています。市場規模も50億と言われるほど拡大し競合も増えていますが、ITの進化はまさに日進月歩。今まで通用した手法が明日には通用しなくなるなど、必要なノウハウを常に更新することが必要です。最初にこの市場を開拓した先駆者である当社は、実績と経験で競合他社を圧倒的にリードしています。

株式会社ジールコミュニケーションズ 代表取締役 薮﨑 真哉

Profile

1978年、千葉県生まれ。習志野高校在学時にインターハイでサッカー日本一を経験し、高校卒業と同時にJリーグ「柏レイソル」に入団、MFとして6年間在籍する。退団後は営業職に転身、トップセールスを経て起業。

2008年にWebリスクコンサルティング事業を手掛ける「株式会社ジールコミュニケーションズ」を設立。2013年には体育会系学生の採用コンサルティング事業を手掛ける「株式会社ジールアスリートエージェンシー」を設立。2014年に2社の中核となる株式会社ジールホールディングスを設立し、3社の代表取締役を務める。

Contact

株式会社ジールコミュニケーションズ

東京都渋谷区東2-16-10 ヤナセ渋谷ビル5F
http://www.zeal-c.jp/