『攻めのIT』を
キーワードに
クライアントの
事業を発展させる

株式会社ディマージシェア

大内 慎Shin Ohuchi

代表取締役社長

「元請け」にこだわり、
顧客と直に向き合う。
自社独自の製品も開発

ベトナムを足がかりに
自社製品を海外展開へ

 目次

業界の慣習を打ち破ることで成長してきた

「システム開発をビルの建築になぞらえると、私たちは『元請け』の案件しかやりません。たとえ小さなビルでも、自分たちがお客様から直接話を聴き、その想いを形にしていく設計段階から入るのです」

株式会社ディマージシェアの、創業からの変わらぬ想いだ。

社長の大内慎が同社を立ち上げたのは1999年。以来、SI(システムインテグレーション)をベースに、常に新しい自社製品やサービスを創り続けてきた。

IT業界は、建設業界のような「ピラミッド構造」だと言われる。大手がクライアントから請けた仕事を2次請け 、3次請け、4次請けと下ろしていく仕組みだ。そうした業界にあって、ディマージシェアは下請けではなくクライアントから直にオーダーを受けてシステム開発を行う。

創業当初から、大内は異業種の経営者と積極的に交流し、自分たちの技術力をアピールした。また、夜間や週末のプライベートの時間を割いて、自社製品となるモバイルサービスの開発に勤しみ、雑誌などさまざまな媒体に掲載して営業を仕掛けた。

一般的にSI企業の経営者はエンジニア出身が多く、営業力が弱い傾向が見られる。下請け、孫請けで開発の仕事をもらうのが当然という業界の在り方に、大内は疑問を持った。その業界の常識に甘んじる気はまったくなかったのだ。

「IT企業で技術力があるのは当たり前。その技術力をどのように『価値』に変換するかがポイントだと思うのです。キーワードは『攻めのIT』。当社のデジタルクラウド製品の『admage(アドマージ)』は、お客様のビジネスの収益性を高めることに特化しています。単なる業務効率化やコスト削減ではなく、私たちの『admage』を活用した新しい事業を共に創ることで、お客様のビジネスの発展に貢献しているのです」

「業界の通例とは真逆のことをして、とんがってきた」という大内。常に自分を取り巻く世界を俯瞰して捉える、いわば「門外漢」の視点を持っていたことが、現在の成長につながったようだ。

採用する人材も、理系人材やIT業界経験者に限る必要はないと考えた。成長する意欲がある人材であれば、文系出身者や未経験者も数多く採用している。

入社者は3ヵ月間の研修を通じ、プログラムやインフラ、データベースなどの基礎知識をしっかりと身に付ける。さらに、早い段階から先輩社員や上司に同行して、クライアントとの打ち合わせにも参加する。

「お客様の価値観や目的を主体的に考え、形にする機会を持つことが大事だと考えています。システムはあくまでも手段。お客様のニーズをつかみ、自分の手で実現させる力を身に付ければ、仕事はぐんとおもしろくなるはずですから」

技術力を高める一方で、ビジネスセンスを養う研修も積極的に取り入れている。クライアントから、製品のみならずエンジニアのコミュニケーション能力を褒められる機会が多いのは、こうした教育体制の成果だと大内は自負している。

株式会社ディマージシェア 代表取締役社長 大内 慎

Profile

1971年、千葉県出身。
SI会社、ITベンチャーにてメインフレーム開発からオープン系の開発まで幅広く経験。
1996年25歳の時、3年後の独立を決意し個人創業。
ITコンサルティングファームでプロジェクトマネージメントなどに従事。

計画通り3年後の1999年28歳の時、株式会社ディマージシェアを設立。
システムソリューション事業をベースとし、iモード向けのグループウェアサービスを皮切りにモバイル・ブログのCMSサービス、ネット広告の収益・効果を最大化する「ADMAGEクラウド」等、自社製品を積極的に展開。「ADMAGEクラウド」は累計導入アカウント数300、国内業界No1となる。

現在はデジタルクラウド事業を軸とした、企業の収益性を高めていく「攻めのIT」ソリューションを手掛けている。

Contact

株式会社ディマージシェア

東京都千代田区飯田橋1-5-10 教販九段ビル6F

http://www.dimage.co.jp