業務用ソフト開発で
イノベーションを
起こし続ける

株式会社オービックビジネスコンサルタント

和田 成史Shigefumi Wada

代表取締役社長

財務会計ソフト『勘定奉行』をはじめ
「奉行」シリーズを展開

基幹業務の「次世代」を構築し、
中堅~中小企業の経営を支える

「勘定奉行」の名に込めた、日本のものづくりへの想い

歌舞伎役者が登場するテレビCMでおなじみの財務会計ソフト『勘定奉行』。この製品をはじめ、人事労務、販売仕入など企業の基幹業務ソフト「奉行」シリーズを展開しているのが株式会社オービックビジネスコンサルタント(OBC)だ。同社の勘定奉行は20%のシェアを保持。奉行シリーズ全体で、特許を持つ機能は100にも達するという。

「無から有を生み出すのは楽しい。昔から、まだ誰もやっていない、やろうとしないことに挑戦するのが好きなんです」と、代表取締役社長の和田成史は言う。

和田は、『勘定奉行』発売にあたり、ネーミングとブランディングに、「日本のものづくり」への想いを込めた。戦後、日本のものづくりは、自動車や電機などの分野を筆頭に飛躍的な発展を遂げたが、その成功要因に、基礎技術の成熟に加え、顧客が求めるものを効率的に作るという「応用技術」が優れていた点がある。

顧客はソフトウェアに、操作性、信頼性、使い勝手の良さなどを求める。こうしたニーズに応える製品を提供すれば、必ず満足につながる。そこにきめ細かく対応できる「日本」らしさを表現するため、ネーミングに漢字を使い、CMでは日本の伝統芸能である歌舞伎をモチーフにした。

「ソフトウェア業界では海外企業が大きなシェアを占めています。けれど、日本独特の強みを活かせれば、世界をリードする製品を生み出せるはずだと思っています」

OBCが創業以来、堅持しているのは「顧客第一主義」というコンセプト。実際、OBCの製品は「日経コンピュータ 顧客満足度調査」の 「ERPパッケージ部門」で、4年連続で第1位を獲得している。

高い顧客満足度を実現しているのは、同社のサポート体制だ。和田は、ソフトウェアは「使い始めてからが重要」と考え、顧客サポートに力を入れる。サポートセンターはアウトソーシングせず、ソフトウェアの開発や販売を行う正社員が週1回程度、ローテーションで顧客からの問い合わせを受ける体制を敷いている。

「顧客が何を考え、悩んでいるか。その生の声を、開発や販売に携わる当事者が直接聴くことを大切にしています。そこで気付きを得て現場にフィードバックすれば、次の開発や販売手法のヒントとなりますし、自身の成長にもつながりますから」

近年、IT業界には「クラウド」の波が押し寄せている。利用者がインターネットを通じてアプリケーションサービスを利用する形態だ。利用者にとってはサーバなどのインフラ導入が不要で、コストや管理の手間を省けることから、急速に広がっている。

和田は、クラウドが社会で認識される数年前からクラウド会計サービスの開発に着手。会計ソフトの変革をリードしてきたOBCが、この技術革新に乗り遅れるわけにはいかなかった。試行錯誤の中で大量のノウハウを蓄積したOBCは、クラウドに関する50近くの特許申請をし、うち5件程度はすでに認可されている。

「人よりも早く始めれば、早くいろいろな経験をしてノウハウを学び、人より先に失敗を経験できる。失敗を恐れてはだめ。失敗を経験できるからこそ早く始めることが重要です」

株式会社オービックビジネスコンサルタント 代表取締役社長 和田 成史

Profile

1975年、立教大学 経済学部 卒業。1980年、公認会計士・税理士登録。同年、株式会社オービックビジネスコンサルタントを設立、代表取締役社長に就任。

(一社)コンピュータソフトウェア協会(CSAJ) 名誉会長・理事

経済産業省 産業構造審議会ソフトウェア小委員会 委員

(一社)日本コンピュータシステム販売店協会(JCSSA) 理事

関東ITソフトウェア健康保険組合(ITS) 選定理事

(特非)ITコーディネータ協会(ITCA) 副会長

(公社)経済同友会 幹事

Contact

株式会社オービックビジネスコンサルタント

東京都新宿区西新宿六丁目8番1号住友不動産新宿オークタワー 32F

https://www.obc.co.jp/