社会貢献度が高い
システム開発に取り組む。
変化することをいとわず
100年続く企業へ

ビクタス株式会社

渡辺 誠司Seiji Watanabe

代表取締役

30年の歴史を持つ
「長寿」IT企業

「お節介」社長が取り組む
人づくり・風土づくり

IT業界の「老舗」として、多様なサービスを展開

人が平均的に何歳まで生きられるかを平均寿命というが、企業にも同様に平均寿命というものがある。東京商工リサーチの調査によると2014年に倒産した企業の平均寿命は23.5年だという。

また、中小企業庁の白書によると、1980年~2009年に創設された企業の約3割が10年後に撤退しており、約30年後には6割以上の企業が淘汰されている(中小企業白書2011)。そうした企業を取り巻く厳しい現実がある中、特に変化が激しいIT業界にあって30年近く続いている企業がある。

平成元年に創業したビクタス株式会社。ソフトウェアに関するサービスを主な業務とし、大型汎用機からクライアント/サーバ、Webサービスまで、多様なソリューションを構築、提供してきた。コンサルティングから設計、製造、保守まで一貫したサービスを展開。強みの一つとして、企業の業務効率を図る基幹システム分野で圧倒的シェアを持つ「SAP」のコンサルテーションができる部隊を有する。また、経験値と専門性が共に高いエンジニアを企業に派遣する「アウトソーシング」事業も大きな柱となっている。

代表取締役の渡辺誠司は、経営者になる以前はエンジニアとして約20年の実績を積み、金融業界や流通業界の業務システム開発を得意としてきた。渡辺が培ったノウハウを活かし、ビクタスでは金融や流通業界を中心に多数のクライアントを持つ。信販会社の債権管理システム、スーパーの人事管理システム、コンビニエンスストアの商品分析システム、旅行会社の宿泊システムなどが代表的な開発事例だ。

また、ここ数年力を入れ始めたのがWeb事業。スマートフォン対応、SNS連動など時代の流れに合ったWebサイト制作から運用・解析まで請け負うほか、自社製品の開発チームの育成にも注力している。

ビクタス株式会社 代表取締役 渡辺 誠司

Profile

栃木県生まれ。大学卒業後、ソフトウェア会社に入社。以降20年に渡り、エンジニアとして活躍する。特に金融・流通業界の業務システム開発を得意とし、数々のプロジェクトリーダー、プロジェクトマネジャーを歴任。1989年、ビクタス株式会社を設立。ソフトウェア関連のコンサルティング、設計、製造、保守まで一貫したサービスを展開する。
今後はシステム開発を主軸としたアウトソーシング事業、自社開発事業の展開を目指す。

Contact

ビクタス株式会社

東京都千代田区神田和泉町1-12-16 末広ビル8F

http://www.victas.co.jp/