キャリアも
ワークライフバランスも
両輪での充実を手に入れる
可能性を引き出したい

ジブラルタ生命保険株式会社

萩原佐知子Sachiko Hagihara

東京第5支社 支社長

「欲張りで幸せキャリア」な生き方を提案

収入も働くペースも、その時々のライフスタイルに
合わせて変えながら、人の人生に寄り添っていける仕事

「人に誠実でありたい」――病院事務、住宅営業を経て保険業界へ

「やりがいを感じられる仕事を、できる限り長く続けたい」――そう願う人は多い。しかし、とりわけ女性の場合、プライベートな事情によって働き方が左右され、中にはキャリアそのものを断念せざるを得ないケースも少なくない。

萩原佐知子は大学卒業後、事務職、大手住宅メーカー営業職を経て、生命保険の営業職に転身。1年目でトップクラスの業績を達成し、19年のキャリアを経て現在はジブラルタ生命保険株式会社で支社長のポジションにある。プライベートでは妻であり、7歳年下の夫と高校生の息子を持つ主婦である。

これまでのキャリアは決して右肩上がりだけではなかった。ワークライフバランスを崩し、家族のためにあえて一見「後退」に思える決断をしたこともある。

「ジャングルジムのように、時には下方に進んだり、横にそれたり、Uターンしたり、回り道をして進んだり。女性のキャリアは目標や方向が変わることもあって当然。その都度、『今、何を大事にしたいか』という正直な気持ちに従って選択してきました。目標や方向が変わることもあって当然。失敗も経験のうち、いつも笑顔で成長していけることを大切にしています。好きな言葉は“Have Fun”、どんな時も楽しむ」

萩原は大学を卒業後、病院の受付事務として総合病院に就職した。女手一つで育ててくれた母が病気がちだったこと、父の代わりにいつも寄り添ってくれた祖父に恩返ししたい気持ちがあったことから、「病気に苦しむ方や高齢者の役に立ちたい」と選んだ道だった。

ところが、就職した病院は担当する科だけで1日200人近くの患者が訪れる大規模病院。一人ひとりに気を配る余裕はなく、次から次へと「さばく」といったほうが近い状態だった。「患者さんに誠実に対応したい」という理想と現実とのギャップに苦しむようになった萩原は、次第に仕事にストレスを感じるようになった。

悩みながらも3年勤務し、転職を決意。安定した仕事に…という母の意にも沿うようにと、国家資格である宅地建物取引士(当時:宅地建物取引主任者)を取得し、大手住宅メーカーに入社した。

まったく畑違いの営業職に就いた萩原。入社後しばらくは売上を挙げることができなかったが、トップセールスの同僚の行動を観察し、100%真似するところから始めた。

「『学ぶ』の語源は『真似る』だと聞いたことがあり、ただただ愚直にやりました。ひたすら先輩のしていることを真似ては失敗と成功を繰り返し、少しずつ成功のパターンを会得していったんです。その中で気付いたのは、営業とは理論武装して相手を説得しようとするのではなく、『お客さまのニーズを汲み取り、プロとしてお客さまが自身で解決できない問題点を解決する』という意識で取り組むべきものであるということ。そうしてお客さまから信頼をいただいて、成約につながるということ。その結果、一生に一度あるかないかの高い買い物に寄り添える“営業としての醍醐味”を経験することができました」

この気付きによって、萩原の業績は劇的に向上し、みるみるうちにトップクラスに上り詰める。入社5年目の30歳には管理職としてチームを率いるまでになった。勤務時間は長くノルマも厳しかったが、高い業績を維持でき、やりがいは十分だったという。

ジブラルタ生命保険株式会社 東京第5支社 支社長  萩原佐知子

Profile

1965年、岡山県岡山市生まれ。県内の大学を卒業後、受付事務として総合病院に3年間勤務。大手住宅メーカーを経て生命保険業界に飛び込み、プルデンシャル生命保険株式会社に転職後1年で「社内営業コンテスト」に入賞。結婚、妊活、出産、育児というライフスタイルの変化に応じて働き方を変えながらも、連続で入賞を果たす。ジブラルタ生命保険株式会社に転籍後はトレーナーとして教育に携わり、2017年4月から支社長として東京に赴任。「年間営業成績トップの女性を育てる」を目標に、支社を牽引している。

Contact

ジブラルタ生命保険株式会社

東京都千代田区神田駿河台2丁目5-12

ジブラルタ生命 東京第五支社

 

TEL 03-5280-7080