営業をアップデート。
女性と海外人材の
活躍の場を広げる

株式会社 Surpass

石原 亮子Ryoko Ishihara

代表取締役

マーケティングからシステム導入、
マインド研修までトータルに支援

日本初上陸の販売管理ツールの導入、
外国人女性人材の紹介サービスへも展開

女性ならではの強みを活かし、あらゆる業種の営業活動を支援

「従来の営業手法が通用しなくなってきている」「新しい商材の拡販がうまくいかない」「新規事業が軌道にのらない」「女性営業社員の活躍の場を広げたい」――営業活動に関するそんな悩みの解決をサポートするのが株式会社Surpass(サーパス)だ。

同社では、女性のコミュニケーション能力を活かし、「セールスプロセスアウトソーシング(SPO)」のサービスを提供している。

Surpassは、クライアント企業の営業活動において、初期段階である「ターゲット選定」「新規開拓」「関係構築」「ニーズのヒアリング」と、受注後の「フォロー」「継続拡大」「リピート発注の獲得」を担う。前・後工程を支援することで、クライアント側は「見積もり」「提案」「受注」という、営業のコア部分に集中できるというわけだ。

女性ならではのきめ細やかさを活かしたサポートが好評を得て、利用が拡大。導入企業は一部上場企業のエネルギー事業部門、ITソリューションサービス企業、化学メーカーなど多岐にわたり、中には営業部隊の立ち上げから参画している会社もある。これまでの導入実績は70~80業種以上。各業種の営業のナレッジを蓄積しているのが大きな強みだ。

代表取締役である石原亮子がこだわるのは、LTV(Life Time Value)=「永続的な信頼関係と売上の構築」だという。

「クライアントに代わって顧客を新規開拓するのですが、一度売って終わりではなく、取引後の『リピート』が増えるような仕組みを創るのが私たちのスタイル。そのために、さまざまな角度からのアプローチで顧客の信頼を獲得することを大切にしています」

クライアントのビジネスを成功に導く「クライアントサクセス」の概念をベースに、契約して終わりの営業代行にとどまらず、マーケティング、顧客管理システムの導入支援、セールス/マインド研修など幅広く手がける。

2019年には、世界8万社以上で導入されている『Pipedrive(パイプドライブ)』の販売ライセンスを獲得し、日本で初めて提供を開始した。これはIT先進国・エストニアで開発された営業支援システムであり、小さな組織でも複雑で面倒な営業プロセスを簡単に管理できるように設計されたものだ。

また、新規事業として、女性の自立マインドを内面から育むことを目的とした『ビジョナリー・ウーマン®』も研修プログラムとして展開している。ビジネス書のベストセラー『7つの習慣®』のエッセンスを取り込んだ、女性にとって理解しやすい事例学習や体験演習のプログラムだ。社員の8割が女性であるSurpassだからこそ、説得力を持って提供できるといえる。この研修サービスを通じ、クライアントが抱える「女性活躍推進」の課題を支援する考えだ。

新たなチャレンジはこれだけにとどまらない。アジアを中心とする海外の女性人材をクライアントに紹介する事業を立ち上げるべく、取り組みを始めている。Surpass自身も近年、中国やモンゴル出身の女性を仲間に迎えた。

今後の日本では、より一層、女性や海外人材との共創が重要な位置付けになってくる。「女性の力を活かす」を理念とするSurpassとしては、海外の女性人材が活躍する場を増やしていきたいと考えている。

Profile

1979年、東京都生まれ。2008年に、「営業のあり方を変えたい」という想いで株式会社Surpassを創業し、代表取締役に就任。営業を通して、女性のエンパワーメントを高め、2017年Forbes JAPAN主催の「JAPAN WOMEN AWARD 2017」にて総合ランキング第3位を受賞(従業員数300名未満の部)。LTVを重視した女性による営業アウトソーシングのパイオニア。また、2002年には3ヵ月間世界一周の旅に出て、笑顔とユーモアがあれば国境や人種を越えられることを実感!今までに行った国は50ヵ国以上。

Contact

株式会社 Surpass

東京都品川区西五反田7-20-9 KDX西五反田ビル3F

https://surpass-star.com/