全ての独立する人の ために―。 ずば抜けたリターンを生む 投資判断基準としての思想信条

PE&HR株式会社

山本 亮二郎Ryojiro Yamamoto

代表取締役

自らの創業時から、スタートアップに特化してベンチャーを支援

2003年5月、「スタートアップに特化してベンチャーの成長支援をする」ことを目的としてPE&HR株式会社が産声をあげたとき、同じ目線でベンチャーに投資する会社は数えるほどしかなかった。政府が成長戦略の柱として打ち出した積極的なベンチャー支援施策を受け、インキュベーター、アクセラレーターなどという言葉が一般に広く浸透し始めたのはごく最近のことだ。

ベンチャーキャピタルは能力だけで結果を出せる仕事ではない、と社長の山本亮二郎は話す。外部要因にも大きく左右される側面があるからだ。例えば同社設立と同年に起きたりそなショック、2008年のリーマンショック、2011年の東日本大震災など、日本経済の根幹を揺るがすような出来事が起こると上場は減少する。ベンチャーキャピタルにとって上場が唯一の目的でないとはいえ、減少が続けば早晩干上がるのは明らかだ。潤沢な資金と才能があっても、生き残れるとは限らない。

こうした中、同社は設立時に掲げた目的をそのままに、現在5つのファンドを運営している。

「1社あたり1千~8千万円ほどを70社に投資しています。これまでに5社上場し、他に2〜74倍で9度の売却実績があり、ファンドに出資いただいている金融機関等から『社数・倍率ともにトップまたはトップクラス』との評価をいただけるまでになりました」

2016年6月には、都道府県や政令指定都市以外の基礎自治体として初めてベンチャーキャピタルを設立した埼玉県東松山市の「東松山起業家サポートファンド」を任されるなど、屈指の運用力に期待する声は日増しに高まっている。

PE&HR株式会社 代表取締役 山本 亮二郎

Profile

1968年生まれ。早稲田大学第二文学部社会専修卒業。

株式会社インテリジェンスなどを経て、フューチャーベンチャーキャピタル株式会社入社。アーリーステージを中心に投資し、投資先企業の成長支援に注力する。

2003年5月、企業の成長発展に「資本」と「人材」の両面から貢献するというコンセプトを掲げ、PE&HR株式会社を設立、代表取締役に就任。2004年5月、「若手起業家のための投資事業有限責任組合」設立。2006年4月、「Social Entrepreneur投資事業有限責任組合」設立。2007年9月、「関西インキュベーション投資事業有限責任組合」設立。2013年12月、「Social Entrepreneur2投資事業有限責任組合」設立。2016年6月「東松山起業家サポート投資事業有限責任組合」設立。ベンチャー企業への投資と共に成長支援の実践的サービスの提供を行う。株式会社ネクステージ、トウキョウ・デジタルミュージック・シンジケイツ株式会社、株式会社アクティバリューズ、株式会社日々茶庵、株式会社スープアンドイノベーション、株式会社Creatorsの社外取締役、株式会社VIE STYLEの社外監査役、株式会社森屋の代表取締役社長を務める。これまでに10社の上場経験と、2〜74倍で9度の売却実績がある。また、グループに50数店の飲食チェーンを持つ。

他に第一勧業信用組合、城南信用金庫の評議員を務める。

Contact

PE&HR株式会社

千代田区麹町1丁目12番地12 4F
http://www.pehr.jp/