すべての人がそれぞれの
『will』を見つけ
実現できる社会を目指す

株式会社ウィルゲート

小島 梨揮Riki Kojima

代表取締役

企業とユーザーを最適にマッチングする
コンテンツマーケティング事業へ

クラウドソーシング、メディア運営で
新たな価値を生み出す

 目次

ワンストップ型のコンテンツマーケティング企業へ

株式会社ウィルゲートはこれまで約3100社に対し、SEO対策を中心とするwebマーケティングサービスを提供。「費用対効果の高いサービス」「親身なコンサルティング」で信頼を獲得し、成長を遂げてきた。

そして近年、ウィルゲートはこれまで培ってきたwebマーケティングノウハウに、機械学習を始めとしたテクノロジー、雑誌社の編集力を組み合わせ、企業とユーザーを最適にマッチングするコンテンツマーケティング事業へと新たな方向に舵を切った。代表取締役の小島梨揮は、その目的を「SEOだけにとどまらず、クライアントごとに価値のあるサービスを提供するマーケティングパートナーになるため」と語る。

「どこの企業も、広告費の高騰、そして競争が激化する中での差別化の難しさに悩んでいます。その課題を解決する新たな方法として、『コンテンツマーケティング』に注目しました。コストをかけて広告を出すのではなく、その企業の個性を活かした『記事コンテンツ』を発信する。これを積み重ねれば、企業にとって資産になり、中長期的なファン獲得にもつながる。費用対効果にも優れていることから、このような取り組みを支援する方向にシフトしました」

その方針のもとに生み出したのが、記事作成特化型クラウドソーシング『サグーワークス』だ。クラウドソーシングとは、インターネット上で不特定多数の人材に対し、業務内容と報酬を提示して仕事の発注を行うもの。通常のクラウドソーシングでは品質に不安が持たれているが、『サグーワークス』では、コンテンツを発信したい企業と記事を作成するライターや専門家の間に立つことで、品質と納期を担保する。サービス開始から4年弱で契約社数は1200社に達し、記事本数は月間5万本を超えた。企業が求める知識・スキルとライターの能力にミスマッチが起きないよう、機械学習をはじめとする技術を活かし、マッチング精度の向上に取り組んでいる。

加えて、出版社と手を結び、メディア事業にも乗り出した。ユーザーがメディアの作り手となり、世の中に発信できる場を創るのが狙い。現在では、主婦を中心に生活の知恵やアイデアを投稿する『暮らしニスタ』、妊娠・出産・子育て情報を発信する『Milly』、新築&リフォーム情報サイト『みんなの家づくり』などのメディアを自社で運営している。

「この市場は今後さらに成長していく。新しい分野なのでまだ正解もない。だから自分たちの手で正解を導き出し、リーディングカンパニーとして市場そのものを創っていきます」

 

株式会社ウィルゲート 代表取締役 小島 梨揮

Profile

1986年岡山県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。小学校の頃からの幼馴染であり、ウィルゲート専務取締役の吉岡諒と共に18歳でインターネットビジネスを開始して、2006年に同社を設立。

設立間もなく組織の内部崩壊によって倒産危機に陥り、自身も1億円の負債を背負うがそれを乗り越えて同社を業界トップクラスの企業へと導く。現在はコンテンツマーケティング事業とメディア事業を手がけ”一人ひとりの意志の実現”を目指す。

Contact

株式会社ウィルゲート

東京都渋谷区渋谷3-12-18 渋谷南東急ビル2F

https://www.willgate.co.jp/