美容通販事業で33年。

老舗2代目のこだわりは

「自由でフラットな組織」

株式会社ワークス

須合 玲奈Reina Sugo

専務取締役

全国15万軒のサロンを顧客に、
300メーカー、3万アイテムを提供

時代に応じて体制を変えながら
目指すは美容業界でNo.1

美容業界のB to B通販事業で老舗の存在

2018年には市場規模が10兆円を超えると予想されている通信販売市場(富士経済調査2018年2月)。右肩上がりの成長を続ける数少ない業界である。
通信販売と言うと、一般的には「Amazon」や「楽天市場」といった一般消費者向けの企業を想い浮かべがちだが、企業向けに商品販売を行う「B to B」の通信販売会社もある。株式会社ワークスは、その先駆け的な存在だ。

創業は1987年。宅配業者が「代金引換サービス」を開始し、カタログによる通販事業に着手する企業が出始めた頃。当時、美容サロンが材料や機材を揃えようとする場合、それらを扱うメーカーや商社が契約を結んでいる「販売代理店」から購入するのが一般的だった。美容サロンにとっては、その地域を担当する販売代理店を頼る以外に選択肢がない状況。そうした中、ワークスは全国の美容関係の店舗を対象にした通販事業にいち早く乗り出したのだ。
現在では、全国15万軒のヘアサロン、ネイルサロン、エステサロン、ペットサロンといった幅広いジャンルのサロンに支持されるまでに成長し、最近では、海外からの発注も増加。取扱商品は300メーカー、3万アイテムにも上る。業界でも他の追随を許さない豊富な品揃えがワークスの最大の強みだ。

専務取締役の須合玲奈は、ワークスの成長を支えてきたのは「常にお客様に寄り添い、その声に耳を傾けてきたこと」だと語る。
都心の中野にある本社では、サロン向けの技術講習会を開催。ワークスから商品を購入したお客様向けに、商品の使い方や技術指導を行うのだ。また、実質的な活動拠点となっている朝霞支店にはコールセンターを配置。お客様からの問い合わせなどに対応している。
ときには、「なかなか集客ができない」「新店舗を開きたいが必要な機材や製品を一括で揃えられるか」といった相談に乗ることもある。「地域の横のつながりが強い代理店には相談しづらい内容でも、全国を対象とした当社のような通販会社になら相談しやすいこともある」と須合はとらえている。

「お客様の声を直にお聴きすることで、今どのような商品が必要とされているのかがわかる。それを通信販売の商品ラインナップに反映させることで、支持いただいています。既存のメーカーで製造していなければ、当社の関連企業で自社開発できることも強みです。代理店制度だと営業が店舗を回りながらオーダーを受けるのですが、在庫数を読み間違えて足りなくなってもすぐに入手するのは難しいし、商品の取り扱いも10~50メーカー程度と限定されています。その点、当社であれば必要なときに欲しい物を豊富なラインナップから選んでいただくことができるのです」

Profile

東京都生まれ。1994年、株式会社ワークスに入社、営業企画を担当。1998年、専務取締役に就任。同年、埼玉県朝霞市に支社を設立。2018年に創業32周年を迎え、美容業界通販のパイオニアとしてさらなる発展をめざす。

Contact

株式会社ワークス

<本社>

東京都中野区弥生町4-14-2

<朝霞支店>

埼玉県朝霞市三原1-2-5

http://www.works-inc-net.co.jp