「最高に美しい花嫁を創る」。
和装の魅力を引き立て、
日本の伝統文化を伝承したい

株式会社うたげ

伊藤 禮子 Reiko Ito

代表取締役

着付、ヘアメイク、衣裳レンタルを軸に
花嫁を「トータルプロデュース」

「仏前結婚式」など、
和の文化を大切にした
新しい婚礼スタイルも提案

「人をきれいにしたい」。少女は銀行員から和裁士、着付師へ

婚礼着付、ブライダルヘアメイク、衣裳レンタルを中心に、冠婚葬祭にまつわるサービスを幅広く展開する株式会社うたげ。愛知県名古屋市で30年以上の歴史を持つ老舗として、国籍や宗派を問わず、さまざまな挙式スタイルのニーズに応えている。

創業者の伊藤禮子は、花嫁衣裳の着付を10分、アシスタントがいれば4分で仕上げるという高い技術を持つ。丸1日着崩れることがなく、苦しくなることもない快適な着付が評判を呼び、これまで2000人以上の花嫁の支度を手がけてきた。

「ひとりの花嫁を、自分の手で最高に美しく創り上げる。ひたすらそれにこだわり続けてきました」

子どもの頃からおしゃれへの興味が強かった禮子は、友達の髪にリボンを編み込んであげたり、火鉢の火箸をコテ代わりにして髪を巻いてあげたり。人をきれいにしてあげることに喜びを感じていた。

「美容師になりたい」という憧れを抱きつつも、銀行に就職。しかし2年が経った頃、最初の転機が訪れる。禮子の父は宮大工で、「子どもたちには手に職を付けさせる」という考えの人。兄は大工、姉たちはそれぞれ編み物や洋裁の技術を身に付けており、禮子も勧められるがまま和裁教室に通い始めた。

和裁を始めてみると、一枚の布が着物として出来上がっていく過程がとても楽しく、「作品」という形になるのがうれしかったという。免許を取得後はプロの和裁士になり、約2000枚の着物を縫い上げた。さまざまな種類の和服の生地に触れ、その特徴や扱い方を習得。知識と技術を活かして自宅で和裁教室を開講し、講師としても活躍した。

着物を仕立てるだけでなく、「着る」ことへの興味も強くなった。プライベートでは結婚もし、冠婚葬祭などで和服を着る機会も増えたことから、着付を学び始めた。これが、今につながる第二の転機となる。

「一本の帯が、結び方によって鳥、蝶、花などさまざまな形に変化するんです。そのデザイン性、ファッション性に魅力を感じましたね」

もともと好奇心と探求心が強かった禮子は、技を極めたい一心で着付のレッスンを重ねた。そして、師範資格として最高レベルである「教授」を取得し、着付け教室「小林豊子きもの学院 小田井分校」を開講。指導した受講生は5000人以上にのぼる。

株式会社うたげ 代表取締役 伊藤 禮子

Profile

銀行に2年勤務の後、和裁士、和裁講師に転身。着付を学んで着付教室を開講し、1983年には「教授」免許取得、小林豊子きもの学院・分校開校。1984年、中曽根康弘自民党総裁(当時)より、日本の着付教室への多大な功績を認められ、感謝状を授与される。 1989年、パリ2000年祭に参加。マルセイユにて着付ショー開催 。1990年、きものサロンうたげ有限会社設立。1996年 橋本龍太郎自民党総裁(当時)より、日本着付教育への多大な功績を認められ感謝状を授与される。 2004年、小林豊子きもの学院 中部本部 筆頭副学院長 就任。

Contact

株式会社うたげ

愛知県名古屋市西区上小田井二丁目228番地

http://www.utage.co.jp/