人々の「想い」を聴き
紡いだストーリーで
企業の成長に貢献する

リスナーズ株式会社

青木 典子Noriko Aoki

編集長(執筆・編集責任者) 国家資格 キャリアコンサルタント

「生き生きと働ける場との出会いは、人生を動かす」と実感

フリーライター・編集者としておよそ20年の経験を積んできた青木典子。得意とするのは「ビジネス」「就職・転職」「人材採用」「キャリア」「ワークスタイル」「学び・資格」といった分野。取材した企業は大手から中小まであらゆる業種1000社以上に達し、経営者から事業部長、一般社員、新入社員、ほかフリーランスで活動するプロフェッショナルまで、幅広くインタビュー・執筆を手がけてきた。記事制作に携わった媒体は20以上、編集・執筆を手がけた書籍は20冊。それぞれの業種において、この数十年でビジネス環境や雇用がどう変遷してきたか、どんな職種の人たちがどんな役割を担い、どんな思いで働いているかを見てきた。

「人の仕事・生き方に対する想いを聴き、それを伝えたい相手にきちんと伝えること、人が自分らしく輝ける場に出会うお手伝いをすること。一貫してそれにこだわってきました」

そんな青木の「ライフワーク」の源泉は社会人2年目の経験にある。

大学を卒業してリクルートに入社した青木は、求人広告営業として、テレアポや飛び込みによる新規開拓を行っていた。ある日、小さな工務店に飛び込んだ青木は、そこで一人の社長に出会う。

「建築士を採用したい」というその社長は、仕事に対する情熱、社員への温かい想いを持った魅力的な人物だった。「社長の想いを伝える広告を作りましょう」と訴え、その場で見開き2ページの広告を受注。制作担当者と相談し、社長の想いを前面に押し出したストーリー性豊かな広告を完成させた。

後日、社長が「この人を採用するよ」と、応募書類に添えられていたという手紙を見せてくれた。その手紙には、北海道で経営していた会社をたたみ、一家離散となり、期間工として流れてきたという応募者の人生が綴られていた。そして、応募動機として「この会社でなら人生をやり直せると思った」という言葉で締めくくられていた。その帰り道、青木は社会人になってから初めて泣いた。単にうれしかったわけではない。

「これだ、と思える仕事、働く場所、一緒に働きたいと思える人と出会うことができれば、人は人生を変えることができる。そのことに強く心を動かされたんです。人が生き生きと働ける道を見つけるお手伝いをする仕事を、ずっとしていきたいと強く思いました」

以来、青木は会社の魅力をしっかりと伝える求人広告の提案にこだわった。それが大型受注につながって営業成績を伸ばし、全国MVPも獲得した。しかし、別部門に異動となり、作りたい広告が作れないことにもどかしさを感じ、退職。フリーライターに転身した。

子どもの頃から、書くことが得意だった。学園祭では演劇や映画の脚本を率先して担当し、苦手だった理科の授業中にはこっそり小説を書いていた。リクルートへの入社動機も、情報誌を「制作」したかったからだ。ライターへの転身はごく自然な選択だった。

リスナーズ株式会社 編集長(執筆・編集責任者) 青木 典子

Profile

株式会社リクルート勤務を経て、1994年よりフリーライター・編集者として独立。人材採用、就・転職、キャリア、スキルアップ、ビジネストレンドなどのテーマを中心に、20以上の媒体で執筆、20冊の書籍編集を手がける。特に企業や働く人のルポ・インタビューを得意とし、取材歴は1000社以上。2015年、キャリアコンサルタント資格(JCDA認定キャリア・デベロップメント・アドバイザー)を取得。

Contact

リスナーズ株式会社

東京都新宿区新宿1-2-5 第2飯塚ビル3F

http://listeners.co.jp/

TEL:03-3352-0890(代表)