現地スタッフとのコミュニケーションは対日本人以上に密接に

株式会社クリスク

中島 奉文Norifumi Nakajima

取締役会長兼Clisk Thailand CEO

 目次

タイ進出、そして私がタイ専従になったワケ

クリスクは、2005年に私が東京で創業した、SEO対策とメディア事業を二本柱とするウェブマーケティングの会社です。タイに現地法人を設立したのは2010年のこと。2013年にはシンガポールにも拠点を設けました。

タイで事業を始めたきっかけは、ある現地企業の買収を持ちかけられたことでした。買収は見送ったものの、赤字に陥っていたその会社の建て直しを引き受け、毎月1週間程度バンコクに滞在する生活を続けた末、最終的には黒字化することができました。

その後、建て直した会社から再び買収を打診されたのですが、別の形で支援できるよう、クリスクのアウトソーシング先になってもらうことにしました。その際、自分たちもタイに現地法人を設立し、私が自ら社長として赴任することになったわけです。

タイに現地法人を設立するというのは、タイの市場を取りに行くということです。私は海外に拠点があっても、取引先は日系企業ばかりというビジネスには興味がありません。タイの現地企業と取引し、タイのマーケットに対して商品やサービスを提供していきたい。そう思ったうえでの現地法人設立でした。

要は、何もないところから、会社やサービスを立ち上げるのが好きなんですね。実はクリスクを創業する前にも、会社を二つ立ち上げた経験があります。一つは世界中から買い集めたドメインを取引する会社、もう一つはSEO関連の会社です。どちらも会社がある程度大きくなった段階で売却しています。

現地法人の設立も、自分で法律を勉強しながら設立準備を進め、事業プランを練り、従業員を採用していきました。タイでいちばん最初に取り組んだのは、ネット広告のプロモーションやウェブ制作です。このように事業の組み立て段階から自分で手がけるのと、出来上がった事業を誰かに任されるのとでは、商品やサービスへの愛情がまったく違ってくると思うのです。

タイに会社を設立して1年くらい経った頃、私は日本法人とタイ法人の社長職を兼務していたのですが、あるとき、当時の日本法人の副社長が「そろそろ僕に社長をやらせてください」と直訴してくる出来事がありました。スタッフも交えての懇親会の席上のことです。

そのときは、意表をつかれたような思いでしたが、あとからよく考えてみると、国内事業を後進に譲る絶好のタイミングです。しかも社内全体に、「自分から責任あるポジションを取りに行く人間にチャンスを与える会社」というメッセージを投げかけることにもなります。懇親会のわずか2週間後、私は日本法人代表のイスを彼に譲りました。

今でも、我ながら思い切った決断だったと思いますが、中小企業は個の力に頼らない限り成長は望めません。だからスタッフにはチャンスを与えて、伸び伸びとやらせたほうがいい。そして締めるべきところは、トップがまとめていけばいいんです。

また、これまでの自分を振り返ると、自ら事業を立ち上げて、ある程度の規模まで育て上げる〝起業家〞としての経験はあっても、大きくなった組織をマネジメントした経験はないことに気づかされました。その点、現在の日本法人代表にはそれができます。私は事業を立ち上げて育てることに徹し、大きくなった組織のマネジメントはほかのスタッフに任せる。そういうやり方が自分には適していると思うのです。以来、私はタイでの事業に専念することになりました。

Profile

1976年福島県生まれ。
デジタルマーケティング会社を経て2005年日本で株式会社クリスクを起業。2010年タイ支社を設立、2012年シンガポール支社設立。デジタルマーケティング事業で起業し、その後メディア事業、サイト構築事業などに拡大。現在では事業企画段階からコンサルタントとして企画を行い、ウェブサイトの構築、効率的な広告運用、ウェブサイト運用と、一連をサービス化している。2013年にはタイ人学生の日本留学をサポートする「J-cafe」をバンコクにオープン。そのほか、海外進出サポート企業である「BizzAct」、システム開発会社「Alleyoop」の取締役を兼任。

Contact

株式会社クリスク

15/1 Soi Suanchareonjai (Ekkamai 12) Sukhumvit 63 Road,Wattana, Bangkok 10110, Thailand
EMAIL : info@clisk.com
URL : http://www.clisk.co.th