起業はノーリスク・ ハイリターン

株式会社オプト

鉢嶺 登Noboru Hachimine

代表取締役社長CEO

起業への一歩を後押ししたナイルの船旅

中学生の頃から、戦国武将が好きで、その影響から「男子たるもの名を残さねば」「社会の役に立ちたい」と考えるような子どもでした。大学に進んでもその思いは変わりませんでしたが、起業するにもノウハウや経験、人脈などが何もなかったことから、「いったん就職して3年後に起業する」と決め、就職したのは大手不動産会社でした。

がむしゃらに働いて2年が過ぎた頃、起業について具体的に調べてみると、創業から1年以内に多くの会社がなくなり、20年後も残っている会社は、半分しかない、ということがわかりました。会社を興しても、かなりの確率で潰れる。この厳しい現実を前にして、「倒産したら身ぐるみはがされ、全財産が没収されるんじゃないか」と足がすくみました。

起業を前提に就職したものの、「どうしようか」と迷う時期が数カ月続いた頃、友人たちと出かけたエジプト旅行が、起業へと踏み出す勇気を私に与えることになります。25歳のときでした。

何日もかけて遊覧船でナイル川沿いの遺跡や町を巡るツアーに参加したのですが、ある港に着いたとき、現地の人が大勢で手作りのTシャツやテーブルクロスをビニール袋に入れて、船の甲板に投げ入れる光景に出くわしました。乗客は気に入った品物があれば、袋にお金を入れて投げ返すシステムで、私もTシャツを買うことにして袋に1000円札を入れて投げ返しました。そのときです。売り子の青年が1000円札を太陽にかざし、片膝をついて拝み始めたのです。その姿を見た私はハッとしました。

仕事で成功して財をなしたわけでもないのに、自分は豪華な海外旅行を楽しんでいる。その一方で、エジプトに生まれた彼らは、川で洗濯をするような生活を送っている。「この違いは何なんだ」という思いが、胸を突き動かしました。そして改めて、自分がいかに恵まれているか、気付かされたのです。

日本も戦後は食うに困る状態だったけれど、私たちより前の世代の人たちがチャレンジし続けて、いまの経済大国を築き上げてきた。私たちは、たまたまいい時代に生まれてきて、その恩恵にあずかっているだけなのです。でも、私たちの世代が何もしなかったら、必然的に日本は衰退していき、子孫が苦労することになる。だからこそ、チャレンジを続けて、日本の繁栄を維持していかなければならない、との使命感が沸々と込み上げてきました。それは、私にとっては起業ということです。不思議と怖さがなくなり、「もし失敗しても、日本なら何をやっても食べることには困らない」と思えてきました。

Profile

1967年千葉県生まれ。
1991年早稲田大学商学部卒。森ビル株式会社にて3年間の勤務の後、1994年アメリカで急成長しているダイレクトマーケティング業を日本で展開するため、オプト設立。1999年にeマーケティングに特化。2004年にJASDAQ(証券コード:2389)に株式公開。2005年には、株式会社電通とeマーケティング分野全般における業務提携を結ぶ。また2010年には、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社とデータベースマーケティング事業において業務提携を結ぶ。

2012年度の売上高は789億円、ネット広告取扱高は日本一。社員数は約1200名。2013年10月には東京証券取引所市場第一部へ市場変更。「eマーケティング×データベース」をドメインに、すべての企業のデジタルマーケティング支援を行っている。

Contact

株式会社オプト

東京本社
〒102-0081
東京都千代田区四番町6 東急番町ビル
URL:http://www.opt.ne.jp/