海外にいたら、自分が動かないと何も始まらない
株式会社トキオ・ゲッツ 海外事業部 マネージャー 山田 奈津子

株式会社トキオ・ゲッツ

山田 奈津子Natsuko Yamada

海外事業部 マネージャー

2015.06.09

常にチャレンジし続けられる環境を自ら選ぶ

海外では、自分が動かなければ何も始まりません。そこに恐怖を感じたこともあります。でも、現地のスタッフや本社のマネジメント陣と食事をしながらとことん語り合い、フラットな立場で意見を出し合うことで、乗り越えてきました。小学校新聞のアイディアも、イタリアンレストランで生まれたものです。

毎回、困難を乗り越えるたびに、とても良いチャンスを与えられていると実感します。日本国内でも、皆がいろいろなことにチャレンジし、そのおかげで会社もどんどんいい方向に向かってます。海外にいるからといって、自分だけ立ち止まる理由にはなりません。

インドネシアオフィスは3年目を迎え、花が咲いてきたところだと思います。これを一輪咲きで終わらせず、大きな花をたくさん咲かせられるように、人材を強化しスピードアップしていきます。また、アジアビジネスは今後さらに広げていく予定です。そのために若い力で、熱意のある方をどんどん仲間に入れていきたいと考えています。

こうした海外事業は日本国内での事業があって成り立っています。海外での成功を日本にフィードバックして新しいビジネスを作り出すとか需要を掘り起こすなど、良いループを生み出すことも目標です。

私自身は、何かひとつの目標に向かっていくというよりは、あれもしたいこれもしたいという貪欲な気持ちをキープしていきたいと考えています。自分が「ビビビ」と反応したものに常にチャレンジしてきましたが、まだこれからもチャンスはたくさんあり、選ぶことも突っ込んでいくこともできます。だからこそ、常にチャレンジし続けられる場所に身を置きたいと思っています。

インタビュアーの目線

台湾でのビジネス立ち上げの手腕を認められ、社長が全幅の信頼を置く〝海外立ち上げ請負人〞の山田さん。東南アジアでの女性の一人暮らしがいかに大変か、苦労話になるかと思いきや、日本では考えられないトラブルや習慣の違いをむしろ楽しんでいるようで、これから女性がアジアへ進出するうえでのロールモデルになるべき一人だと感じました。

書籍「世界を動かすアブローダーズ ~ 日本を飛び出し、海外で活躍するビジネスパーソンたち 」から掲載】


Profile

1981年、東京都生まれ。
2005年にアルバイトとしてトキオ・ゲッツへ入社するが、持ち前のアイディアとコミュニケーション力を生かし、短期間でトップクラスの成績を収める営業に成長。29歳の時にアジアに日本のキャラクターライセンスを提案する事業を立案し、新規事業の責任者となる。台湾支社の立ち上げに続き、出張のはずだったインドネシアに気づけば駐在することになるという破天荒なビジネス経歴をネタにしつつ、日々アジアで奮闘中。

Contact

株式会社トキオ・ゲッツ

〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-27-15 高栄ビル2階
03-5333-0266
http://www.tokyogets.com/

関連書籍

書籍
「世界を動かすアブローダーズ ~ 日本を飛び出し、海外で活躍するビジネスパーソンたち」

日本の国内だけで働くこともいいけれど…
一度きりの人生は、海外へ目を向け、自分の可能性と仕事の幅を拡げよう!

世界の空気を吸い、グローバルに生きる!海外であくなき挑戦をする人々…その26人の生の声がここに!!

ウェブサイト:http://www.abroaders.jp/

ご購入はこちら

週間アクセスランキング