選んだ仕事を生きる柱にして、全力でコミットする
オフィスナビ株式会社 代表取締役 金本 修幸

オフィスナビ株式会社

金本 修幸Naoyuki Kanamoto

代表取締役

2015.03.26

早く道を定めてプロになりたかった

高校生の頃はスポーツばかりでまったく勉強をせず、浪人して大学に入ったもののすぐにやめてしまいました。子どもの頃から、なぜか自分が大企業に就職するというイメージがありませんでした。早く何かのプロになりたいという思いが強かったのです。司法書士や整体師もいいな、と漠然と思っていました。

大学は親の期待に応える思いだけで入ったので、早く社会に出たいという気持ちが強く、通う意味を見出せませんでした。実際に行ったのは1ヶ月ほどです。今思えば若気の至りだったと思います。

その後はフリーター生活をしました。引っ越しや大型金庫輸送のバイトをしながら、自分が何をしたいのか分からず悶々としていました。

早く社会に出たいと思っていたのに、自分の道が見つかりません。このままではいけないと、大学に通い続けていれば4回生に当たる年、22歳をリミットと定めました。そして、そのリミットが近づいた時に、半ば無理やり自分の生きる道を不動産業に定めました。

私は6人兄弟の5番目で、大家族の長屋暮らしでした。不動産の折り込みチラシを見ては「こんな広い家いいなあ」と夢を膨らませました。また増改築工事も多かったので、家に出入りする大工さんを恰好良いなと見ていました。自分は土地や家や建物が好きだから、不動産なら一生やれると思ったのです。
そこで、フリーターをしながら宅建試験のための学校に半年間通いました。運良く一発で合格しました。そしてその学校で出会った不動産会社の専務に誘われて、22歳で賃貸マンション仲介の会社に入りました。

急成長のその先で見たもの

その会社はとても勢いがあり、店舗をどんどん増やしているところでした。私は営業の仕事が楽しくて仕方がなく、全力で仕事に打ち込みました。
入社から1年も経たないうちに新店舗立ち上げに参加し、気づけば人を使う立場になり、マーケティングや物件の開拓、集客に至るまで、店舗経営をひと通り全部やらせてもらえました。社員の採用や育成も任されて、やりがいのある日々でした。

この会社には5年間いて、そのうち約4年間は店長をしていました。その間に結んだ仲介契約は1000件を超えています。不動産の営業は人に出会えて、その人の人生を垣間見られて、本当に面白い仕事だと思いました。
25歳になった頃に、マネージャーを集めて会社のビジョンを考える機会があり、私は壮大な事業計画書を携えて臨みました。確か売り上げ100億円とか100店舗展開とか書いていたと思います。「社員独立型のフランチャイズ展開制度」なども提案しました。

しかし、社長が最終的に決めたビジョンはその何十分の1の小規模なもので、すごくショックを受けました。社長には攻める気持ちがまったくなく、私は攻めないと必ず衰退すると思っていたのです。実際、私が退職して2年後にその会社は倒産しました。辞める決断をしたのは、歩合給の遅配が起きているのに、社長が高級車を購入したのを知った時です。そして、辞めるなら自分で会社を創ろうとその時に決めました。

ちょうど新規店舗の立ち上げを準備中だったので、およそ1年後にその仕事をやり終えてから退職しました。それが、27歳の年末だったと思います。


Profile

1971年大阪府生まれ。
高校時代はラグビーに熱中、ポジションはフランカー。大学を1年で中退後、ベンチャー系不動産会社へ入社。責任者として2つの新拠点立ち上げのマネジメントを経験。その後大手不動産売買仲介会社にて事業用不動産の仲介実績を積み、2002年に会社設立。2006年よりオフィス仲介事業をスタートし、現在は東京、大阪、名古屋、福岡に拠点を展開中。ベンチャー・中小企業の顧客を中心に、オフィス仲介契約の累計は3000件を超える。「オフィスと人をより良くつなぐ」

Contact

オフィスナビ株式会社

〒101-0047
東京都千代田区内神田1-14-10 内神田ビル9F
TEL:03-3518-9188
http://www.office-navi.co.jp/

関連書籍

書籍
「メンター的起業家に訊く 20代に何をする?」

20代だから人生は変えられる。今しかできないことがある。
成長企業のトップ26人に聞く、「いま20代の若者たちは、何をすればいいのか」をまとめたインタビュー集。

ご購入はこちら

週間アクセスランキング