愛情を持って負荷をかけてくれる環境

株式会社イデアル

薄葉 直也Naoya Usuba

代表取締役

失敗を許容し、若い頃から成長実感を得られる環境

様々なオーナーや企業経営者にかわいがってもらったこと、また役員として人脈が増えたことで、より経営者と接する機会が増えました。そんな彼らと話しながら、いつしか起業への憧れも強くなりました。少しずつ、会社経営の知識も蓄積されてきます。組織を大きくする楽しさも感じていたし、資金提供してくれるという方もいた。こうした中、自分の理想とする会社を作りたくなったのはごく自然な流れでした。

そんな思いから、2007年に「事業用不動産関連サービス会社」として創業した会社には、「イデアル(=理想)」と命名しました。起業時の理想は、まずは世の中から必要とされる会社であること。そして、前職で実感した仕事の喜びはそのままに、もっと社員が生き生きと働ける環境を築くことでした。前職の役員時代、「この会社にいると安心して結婚できない」という社員の話を聞いたことがあります。本当にショックでしたが、確かに給料も安かったうえ、厳しい成果主義の職場では、それを続けるには不安が付きまといます。だから、イデアルでは失敗を許容し、若い頃から成長実感を得られる環境づくりを目指しています。

上から押さえつけたところで、愛社精神は芽生えないものです。上司が厳しくするまでもなく、いまは社会が厳しい。営業という仕事は、取引先とのやり取りで厳しさを十分学ばされているわけですから、むしろ私たちは、営業マンをフォローすべきなのです。

店舗物件は、地場の不動産屋や個人ブローカーも入り乱れ、正しい情報がなかなか流通しない世界です。その中にあって、店舗情報の集約化を進めている当社は、専門知識やノウハウ、データ、テナントとの繋がりなど、業界随一の地位を築こうとしています。

あとはオーナーとの関係性さえ築けばよいというバックグラウンドがあるから、社員たちは、安心して営業に集中できる。その分、より早く成果を実感できるはずです。

高卒フリーターだった私が、いまこうしていられるのは、過去に厳しい環境へ身を置いたことで、人よりも成長できたからだと思います。厳しい負荷は、必ず人を成長させてくれます。けれども、人はつい自分を甘やかしてしまうもので、自分自身に負荷をかけるのは難しい。だからこそ、厳しい環境に身を置くことが重要だと思うのです。

では実際にどんな会社を選んだらよいか。私だったら、愛情を持って負荷をかけてくれる環境のある会社を探します。その会社のサービスや製品をあらかじめよく調べ、直接話を聞いて自分がそれを継続できるか、考える。そして、何より重要なことは、トップの話を聞いて興味が持てるか、ワクワクするか。簡単にいってしまえば、面白そうかどうかという判断です。正しい負荷と高揚感という感じですね。

誰でもはじめの1年目はトンネルを進むようなものです。その先に光明の見出せる会社を自分の嗅覚を信じて探してみてください。

インタビュアーの目線

現在の姿からは想像もできない、若かりし頃のどん底期について赤裸々に語ってくれた薄葉社長。物質的にこれほど恵まれたこの国にあっても、ちょっとしたキッカケで若者に落伍者の烙印が押されてしまうこと、けれど正しい負荷をかければ、まだまだ大逆転ができることを教えていただきました。様々な準備態勢が整った同社の今後が楽しみです。

書籍「10年後に後悔しない働き方 ベンチャー企業という選択 (2014年01月23日 第1刷発行)」から掲載】

Profile

1978年埼玉県生まれ。
1997年帝京高校卒業。高校在学中はサッカー部に所属。卒業後2年間の充電期間を経て1999年不動産会社へ就職。店舗仲介業務に従事し、仕事に目覚める。2000年に不動産ベンチャー企業設立に参加。2003年に同社が上場し、2004年取締役に就任。当時の東証上場企業最年少役員となる。2007年株式会社イデアル設立、代表取締役に就任。「ideal」の社名の通り、理想の会社の実現へ向け日々、奮闘中。

Contact

株式会社イデアル

〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-4-9 NOF新宿南口ビル2階
03-5785-1701
http://www.ideal-h.co.jp/