第三者の目線で話を聴き、表現することで、企業や人の魅力が伝わるストーリーをつくる

リスナーズ株式会社

垣畑 光哉Mitsuya Kakihata

代表取締役CEO

300社以上の経営者を取材してたどり着いたスタートライン

2016年4月、私たちは「リスナーズ株式会社」として新たなスタートを切りました。一般的には“ラジオの聴取者”という意味で使われる『Listener(リスナー)』という言葉ですが、英和辞典には「聴く人・傾聴者」とも書かれています。

私たちが提供するのは、社名の通り「聴く」ことによって企業や人の想いを引き出し、本来の価値や魅力、世界観を第三者の視点から明文化すること。『世界中の人々の声に耳を傾け、ストーリーで豊かな未来を創造する』という私たちのミッション、取材を起点とするビジネスモデル、求める人材像まで、すべての意味を集約した言葉として、「リスナーズ」と命名したのです。

実際には3年ほど前から、新規事業として国内外300社以上の経営者を取材してきたのですが、将来性溢れるビジョンや聴く人に感銘を与える経営観、他を寄せ付けない競争優位性など、「なるほど!」と膝を叩きたくなる話が取材では聴けても、コーポレートサイトや会社案内からは、それらがさっぱり伝わってこない企業がほとんど…という事実は驚きでした。

自分のことを自分で表現するのは想像以上に難しい。第三者の目線で話を聴き、表現することで、企業や人の本当の魅力を伝える役割が求められているのではないか…いつしかそう確信しました。

こうしてたどり着いたリスナーズのミッションは、50歳という年齢で迎えるリ・スタートアップにふさわしく、これからの人生を賭ける価値があるものと自負しています。

リスナーズ株式会社 代表取締役CEO 垣畑 光哉

Profile

1965年、岩手県盛岡市生まれ。
立教大学法学部卒業後、外資系金融機関に勤務し、多様なマーケティングを経験。1999年の個人創業を経て、2001年に現・リスナーズ株式会社を創業、代表取締役に就任。以後、広告の企画制作や企業ブランディングに関わる。近年は企業トップへの取材による「コーポレートストーリー」のプロデュースに注力し、書籍化された取材は国内外300件を超える。著書に『10年後に後悔しない働き方 ベンチャー企業という選択』『メンター的起業家に訊く 20代に何をする?』(以上幻冬舎)、『これから働くならこれからの会社でしょ』『自分らしくはたらく 個を生かすベンチャーという選択』(以上ダイヤモンド社)など。

Contact

リスナーズ株式会社

東京都新宿区新宿1-2-5 第2飯塚ビル3F
http://listeners.co.jp/
TEL:03-3352-0890(代表)