「仕組み化」のワザと
遊び心で、目指すは
「地球に貢献できる
リサイクルカンパニー」

株式会社プリマベーラ

吉川 充秀Mitsuhide Yoshikawa

代表取締役

古本屋からスタートし、
4事業・17業態を展開。
直近9年、増収増益を続ける

「EVERNOTE」を活用した経営術セミナー、
自己啓発セミナーも好評

「仕組み化に関して日本一の中小企業を目指す」

「仕組み化に関して日本一の中小企業を目指す」

そう語るのは、株式会社プリマベーラ代表取締役・吉川充秀だ。群馬県太田市で古本屋からスタートし、現在は4事業・17業態を展開。直近9年間、増収増益を続けている。

成功の秘訣は「仕組み」にあるようだ。「笑顔だって、仕組みで創れる」と吉川は言う。優れた仕組みを創って習慣化する。仕組みに縛られるだけではおもしろくないから、ワクワクしながら楽しんで働く――その2つが会社も人を成長させると、吉川は考えている。

プリマベーラは、古着、貴金属、農機具、古本、DVDなど幅広い商品を扱うリサイクル事業を運営。群馬・埼玉・栃木・長野エリアで計39店舗を展開している。
店舗のブランドは多様だ。衣類、家電、家具、生活用品などを扱う総合リサイクルショップ『買取劇場』、貴金属やブランドを扱う『ゴールディーズ』、ブランド衣類中心の買取店『ベクトル』。毎週水曜に値段が下がっていく古着ショップ『DonDonDown On Wednesday』、2着買うと3着目がタダになる古着ショップ『ニコカウサンコメタダ』など、ユニークな仕組みの店舗もある。

「リサイクルショップには、転売できるものしか買い取らない店も多いんですよね。でも、僕らは一切買取を断りません。なぜなら、どんなものでも売れる仕組みを築いているから。地元のお店では買い手がつかないようなニッチな高額商品は、全国に発信して買い手を見つける。安くても売れない服は海外に輸出して利益を確保しています。『誰かの不要は誰かの必要』、その両者をつなげるのがリサイクルショップの存在意義だと思いますから」

同社の店舗は直営だけでなく、他社ブランドのフランチャイズ(FC)店も運営している。
『DonDonDown On Wednesday』では、全国に60あるFC店の中で売上1位、『ベクトル』でも95店中1位を何度も獲得している。

そんな同社には全国からリサイクルショップ経営者や店長が続々と視察に訪れる。駅に見学者30人が集合し、バスでプリマベーラの店舗を見て回るのだ。運営手法や利益を挙げる仕組みを気前よく教えていたが、途中からプログラムを整え、セミナー事業化した。
現在は、『EVERNOTE(エバーノート=Web上での情報蓄積サービスとそのアプリケーション)』を活用した経営術のセミナーのほか、『人生がときめくニコニコワクワク3KMセミナー』などの自己啓発セミナーを提供している。

多角化はこれだけには収まらない。「僕自身が健康オタクだから」という理由から始めた「カラダサポート整骨院」の展開、節電コンサルティングなど、リサイクルの枠を越えて事業の幅を広げ、現在4事業部・17業態が動いている。次は「地域新聞を創刊しよう」というアイデアも出ているという。

株式会社プリマベーラ 代表取締役 吉川 充秀

Profile

1973年、群馬県生まれ。1992年、横浜国立大学入学後、3年間電化製品ゼロの生活を送る。1996年、スーパーマーケットフレッセイに入社し、魚部門を担当。1997年、古本ショップBBチェーン本社にアルバイトとして入社し、古本ビジネスのノウハウを学ぶ。1998年、群馬県太田市にて「利根書店尾島店」オープンを皮切りに、続々と店舗を拡大。2005年には埼玉県熊谷市に古着ショップ「古着MARKET」をオープンし、出店ラッシュを迎える。2012年、経営サポートのためのセミナー事業を開始。2015年には埼玉県熊谷市に接骨院をオープン。2018年5月現在、39店舗、4事業、17業態を展開中。

Contact

株式会社プリマベーラ

群馬県太田市西本町57-4 DonDonDown On Wednesday太田店2F