デザイナー&マネージャー兼務のメラメラ女子。
メンバーが得意なことで評価される環境を創りたい

株式会社デパート

モチマス ミサ Misa Mochimasu

マネージャー/アートディレクター/デザイナー

 目次

入社直後から『GU』のブランド戦略を支援

ユニクロの姉妹ブランドとして誕生し、今や若い女性から圧倒的な支持を集めるファッションブランドに成長したGU。そのオンラインストアのアートディレクター、デザイナーを務めるのがモチマスミサだ。

「ファインアートとファッションと音楽を愛する、メラメラ女子」と自らを形容するモチマス。特にファッションに対する興味は幼少期から強く、洋服を作るのが好きな子どもだったという。イギリス・ドイツにアート留学した後は、ファッション分野でマーケティング・展示会企画に従事しながらWebデザインを学んだ。その後、ファッション雑誌の編集部を経て、デパートの前身となる会社に入社した。

GUのプロジェクトには入社直後から参画。デザイナーとしてこれまで5年間にわたり、PC、スマートフォン、マルチデバイスに対応したオンラインストアの運用、改修に携わってきた。

当時、ユニクロの妹ブランドというイメージが強かったGUを「独立したファッションブランドとして確立させたい」というクライアントの想いに応えるべく、トレンドやユーザービリティを考慮したサイトデザインを実施。日々、クライアントと共に方向性を模索しながら、ターゲットである若い女性に響くコンテンツを創ることで新たな顧客を獲得し、GUのブランドとしての成長を支えた。

数社が参加するコンペ形式で始まった本プロジェクト。最終的にGUの担当者がデパートを選んだ理由は、提案に一番「愛」を感じたからだという。

「当時、私のファッションに対する執着心のようなものを、幸いにも担当の方に買っていただいたのかもしれません。お話を聞いていただける機会が増えました。受注できたときは大泣きしたくらいうれしかった。最初は1人で打ち合わせに行くのが怖かったけれど、お客様ときちんとコミュニケーションを取ってデザインをすると、いい結果がもたらされて喜んでもらえる。私たちの仕事は、お客様の要望をそのまま叶えるのではなく、お客様が本当に幸せになれるような提案をしながら制作すること。デパートのそういう姿勢に愛を感じていただけるのはうれしいです」

この5年のうちに管理職も務めるようになったモチマスは、自身の視点に変化を感じている。マネジメント業務を通し、物事を俯瞰して見られるようになり、よりユーザー視点に立ったUI/UX設計ができるようになった。サイトを訪れた人はどこから来て、どんなページを見るのか。ユーザーの動きを想像しながら、その心や感覚に響くようなデザインを提案する。「誰かを想って創る」という企業ビジョンを体現しているのだ。