女性が働き続けられる「ファンづくり」という仕事

株式会社ウィル・ビー

冨樫 美穂Miho Togashi

代表取締役

働くことを楽しんでいた末に出会った不動産業

今でこそ、悩みなんてひとつもないように見られがちな私ですが、小さい頃は引っ込み思案な子どもだったんです。それが今のようなオープンな性格へと変わっていったのは、思い返せば「働くこと」がきっかけだったように思います。

高校の頃から地元のおそば屋さんとお好み焼き屋さんとコンビニを掛け持ちするくらい、アルバイトに明け暮れていたのですが、短大に入って化粧品会社や携帯電話会社のテレアポなどをやり始めると、インセンティブも貰えちゃって…。

頑張れば頑張るほど時給やインセンティブも上がっていくから働くことが面白くなる一方だし、時には褒められたり、飲食店では看板娘なんて言われて重宝がられたり、それは楽しいアルバイト三昧の毎日でした。

当時はお金を稼いではハワイ旅行に行くという暮らしを謳歌していたので、短大の2年間はあっという間に過ぎていきました。卒業が近づいても就職活動すらしていない私を心配した友人が、ある会社を紹介してくれたのをきっかけに、携帯電話の通信販売という仕事に出会うことになります。

最初はアルバイトとして時給で働いていたのですが、卒業すると社員として月給で働くように会社から言われました。でも月給となると、どう考えてもアルバイトの時給に比べて大幅に手取りが減ってしまいます。仕方がないので「じゃあ私、1人でやるので部屋を貸してください」と言って、その会社の1室で個人事業として始めることにしたんです。まだ卒業から2ヶ月、弱冠20歳。これが起業のきっかけでした。

経営ノウハウなどありませんでしたが、時代の追い風もあって、事業はすぐに軌道に乗りました。携帯電話はどんどん売れるし、自分の名刺を持てたり、接待をされたりと、仕事ごっこみたいでそれは楽しかったですね。取り込み詐欺に騙される憂き目も経験しながらも、事業はとんとん拍子に伸び続け、年商は7億円程度にまでなりました。

携帯電話を右から左に流して利ざやを稼ぐビジネスは、言ってしまえば楽にお金は貯まるし、自由な時間もありました。そうするとあまりに暇過ぎて、ビジョンも何もなく始めてしまった自分が、一体何をしているのか、わからなくなりました。悩んだ挙句に、自分は経営者でありながら、経営について無知であったと省み、勢い余って青山学院大学の経営学部に編入してみたこともあります。

とはいえ、すでに経営者としての現場経験のある私には、座学は退屈極まりありません。その頃の私は進むべき道を完全に見失っていたのでしょう。ある時、取引先の社長から「現場で学べ!」と叱咤されて目が覚め、新しいビジネスを探し始めたところ、不動産会社の知り合いから「不動産が向いているのでは」と勧められました。

不動産屋と聞くと怖いイメージもありましたが、携帯電話事業の将来性に不安もあり、不動産屋の2代目という男性との出会いをきっかけに、携帯電話のオフィスを二分して立ち上げたのがウィル・ビーでした。24歳の時です。

Profile

1976年、山形県生まれ。短大卒業後、携帯電話の卸売にて個人創業し、翌年に法人化。
2000年9月株式会社ウィル・ビー設立。現在は、池尻大橋と代官山にて3店舗を展開。
女性ならではの視点で、お客様と一生涯のおつきあいができる地域密着型の不動産会社を目指している。
長男・長女を持つ二児の母として、これからの女性の働き方を体現中。

Contact

株式会社ウィル・ビー

東京都目黒区東山2-3-2 COM’S FORUM6階
http://www.will-be.co.jp/