『出会えてよかった』
のために――。
新たな保険文化を
創造し、継承する

アセットガーディアン株式会社

内野 道雄Michio Uchino

代表取締役

くらべて選べる保険相談ショップ
「保険 de あんしん館」を展開

お客様の真のニーズに寄り添い、
約35社の保険商品から最適なプランを提案

「大の保険嫌い」が、保険のすごさに気付いたとき

「『保険』なんて大嫌いだった」――そんな社長が立ち上げた保険総合代理店がある。

アセットガーディアン株式会社(以下、AG)は、約35社の保険から比較して選べる保険相談ショップ「保険 de あんしん館」などを首都圏中心に多店舗展開。「ライフコンシェルジュ」が顧客の立場に立ったコンサルティングを行い、最適な保険選びをお手伝いする。

複数社の保険を扱う「保険ショップ」が近年数を増やしているが、AGには他社にはないこだわりがあると、代表取締役の内野道雄は言う。歩合給制が主流の保険業界において、完全固定給制で全員正社員として雇用。「理念」をしっかりと作り込み、その理念・価値観・行動指針に共感できる人のみを採用しているのだ。

その理念=「AG-HEART」とは「『出会えてよかった』のために」。シンプルな言葉だが、そこには内野の「お客様のお役に立ちたい」という並々ならぬ決意が込められている。

「もともとは、いい大学に入って有名な会社に入れば成功だと思っていた」という内野。自由な服装で働ける業界を希望し、商社に入社した。営業として、取引先である中小企業経営者と接するうちに、起業への意識が芽生えたのだという。

「自分の人生に対してチャレンジしている。自分の未来を自分で創り上げている。そこにすごくカッコよさを感じたんです。リスクは抱えても、そっちのほうが断然楽しいよな、と思いましたね」

どんなビジネスで起業するかを模索しているうちに、「金融ビッグバン」の時代が訪れた。大規模な金融制度改革が進められ、銀行・保険・証券の垣根がなくなり、規制緩和が進められた。「おもしろいことができるかもしれない」と感じた内野は、金融業界への転職を目指し、人材紹介会社に登録。しかし、第一志望だった銀行では、当時未経験の中途採用は行われておらず、応募できる求人は見つからなかった。

そんなとき、外資系保険会社からオファーが寄せられる。内野は即座に断った。当時、内野は保険が大嫌いだったのだ。社会に出たばかりの頃、保険外交員からろくに説明もされないまま、半ば強引に保険に加入させられた苦い経験がある。「保険外交員という人たちはノルマを追うことしか考えていない」――そんなマイナスイメージを抱いていたからだ。

しかし、オファー内容が「販売員」ではなく「本社の総合職」であること、日本に参入したばかりでこれからマーケットを拡大していきたいというベンチャースピリットに魅力を感じ、入社に踏み切った。

「転職後に保険の仕組みを勉強して、衝撃を受けました。これは個人にも企業経営にも、100%必要な商品。こんなすごい商品はない!と。同時に、こんなに必要な商品をなぜあんなに嫌っていたんだろう。私と同じように保険を誤解している人はたくさんいるはず。そのギャップを埋めるところにビジネスチャンスがあるんじゃないか…と考えたんです」

アセットガーディアン株式会社 代表取締役 内野 道雄

Profile

1969年8月15日生 。埼玉県春日部市出身。法政大学 法学部法律学科卒業。

1993年4月 株式会社内田洋行 入社。都市再開発・インテリジェントビル建築などを営業ターゲットとし、建築主・ゼネコンに対し、実際働く人の目線に立ったオフィスビル作りを提案し、内装工事・オフィス家具・OA機器などの一括受注につとめ、提案型営業の礎を築く。

1997年4月 アイエヌジー生命保険株式会社 入社。MR(マーケティング リプレゼンター)として、代理店の開拓・指導、プレゼンテーション同行など幅広く活動。担当した約200代理店の経営事例は今に活きる。1999年度最優秀MR賞受賞。この過程で、保険会社の意向方針に基づく販売方式に疑問を感じ、お客様の多様なニーズにもとづいた、お客様に選ばれる保険流通サービスの必要性を痛感。

2000年8月 アセットガーディアン株式会社 設立。

Contact

アセットガーディアン株式会社

東京都中央区銀座5-13-3 いちかわビル7階

http://www.asset-guardian.co.jp/