就業規則が社長の想いを伝える
田井中労務行政事務所 代表 田井中 道江

田井中労務行政事務所

田井中 道江Michie Tainaka

代表

社会保険労務士

2015.04.26

 目次

就業規則は会社の憲法

就業規則とは、労働者が就業する上で遵守すべき規律及び労働条件に関する具体的な細目について労働基準法に基づいて定められた規則のことを言います。

労働基準法の規定により、法人事務所、個人事務所を問わず常時「10人以上の労働者」を使用する使用者は就業規則を作成し、所轄労働基準監督所への届け出が義務づけられています。ここで言う10人とは、正社員のみでなくパートやアルバイトも含んだ人数なので、現状で相当数の会社が該当することになります。また、労働者が10人未満でも就業規則を作成することが望ましいとされています。

就業規則は、会社のルールブックもしくは憲法とも言えます。

次ページ :  就業規則の問題点

Profile

大分県出身。
中央大法学部在学中に、宅地建物取引主任者試験、行政書士試験に合格。卒業後はAFP試験、社会保険労務士試験に合格。司法書士事務所・大手不動産販売会社勤務を経て、2003年に事務所を開所。2008年に特定社会保険労務士試験合格。現在、大阪を中心に社会保険労務士業を展開。

「会社も働く人も共に幸せになるお手伝い」をモットーにお客様本位の労務を提案している。人間関係を更により良くするために最近心理学も学んでいる。趣味は旅行。47都道府県全て制覇。

Contact

田井中労務行政事務所

〒541-0048
大阪府大阪市中央区瓦町 4-3-14 御堂アーバンライフ504
tel. 06-6202-0365 fax. 06-7504-6802
e-mail nqe44857@nifty.com
URL http://www.tainakaroumu.com/

関連書籍

書籍
「小さな会社のための「お金の参考書」」

ファイナンシャルプランナー・社会保険労務士・保険コンサルタント。専門家20人のコンサルティングを3時間で学べる経営のヒント。

ご購入はこちら

週間アクセスランキング