同期メンバー座談会
入社して6年。
「どう成長した?」
「今、課題と感じていることは?」

株式会社メディケアー

6年の経験を積んで実感する、この仕事の楽しさ・やりがい

仕事にもすっかり慣れた8人。今感じている、仕事の「楽しさ」「やりがい」とは――。

 金岡(営):入社した当初より、自分が一番変わったところ。それは、この仕事の楽しさ、やりがいを実感できるようになったことかな。やりがいを意識して、それを楽しみながら仕事に取り組めるようになった。一番うれしいのは、取引先から「金岡さんに任せておけば大丈夫」と言われて、難しいお客様のケースを無事解決できたときとか。

坂野(営):僕はやっぱり、福祉用具を納品したお客様の「変化」を見られるのが一番うれしい。「これを使ったら、こんな動きができるようになった」と直接言われるから、それが他では味わえないやりがいかな、と。

相原(営)」:この間、「歩行器を借りたい」というお客様がいて、その理由が「セブンイレブンのコーヒーを買いに行きたい」だったんだよ。使えるかどうか微妙だったんだけど試してもらって、後日状況を確認したら「毎日通ってる」って。担当ケアマネジャーも喜んでくれて、こういういいサービスができると、やっていて良かったと思う。

澤地(営):「できなかったことができるようになった」という言葉は本当にうれしい。

片貝(ア):アフターサービスとしては、点検が終わった後、「これでまた安心して半年使えます」と言ってもらえると、すごくうれしい気持ちになる。「また来てね」「また会えるのを楽しみにしてる」なんて言っていただけたりすることも。

吉武(ア):「また来てね」「辞めないでね」の言葉、うれしいよね。お電話するとすぐに私だとわかっていただけたりして、親子のように打ち解けてコミュニケーションをとれるのが楽しい。それに、お客様から営業担当者のことを褒められることも多くて、そういうときも誇らしく感じる。

古賀(事):営業事務としては、営業さんから感謝されるのが何よりのやりがい。忙しいときにサポートしたりして、何気なく言われる「ありがとう」がすごく心にしみる。

澤地(営):あと仕事してて充実を感じるのは、自分があらかじめ立てた予定通りにスケジュールを完了した日。「この訪問にはこれくらいの時間がかかるな」という読みが当たると、すごくスッキリする(笑)。

木下(事):わかる。私も以前は、急ぎの納品依頼などに対応してお客様から御礼を言われるのがうれしかったけど、今は自分の仕事に対して「今日は完璧」と思えるようにすることがやりがい。書類の問題点を解決して、すべて正しく処理を終えたときに達成感を感じる。

金岡(営):自分のスキルが高まれば、利用者さん、取引先、メンバーすべてから信頼を得られるよね。これからも多くの人から信頼を獲得することを目指していきたいと思う。

―― 終始なごやかな雰囲気の中、お互いの状況や想いを確認し合い、同期メンバー8人の座談会が終了。仲間たちから受けた刺激と知恵は、それぞれの事業所に戻っての仕事に活かされることだろう。


インタビュー・編集/青木典子

撮影/森モーリー鷹博

Profile

金岡 勇気(横浜南事業所/営業)
坂野 篤史(横須賀事業所/営業)
澤地 裕也(大和事業所/営業)
相原 祐樹(藤沢本社/営業)
吉武 由佳子(新横浜事業所/アフターサービス)
片貝 志乃(藤沢本社/アフターサービス)
木下 亜矢香(川崎事業所/営業事務)
古賀 志緒里(横浜南事業所/営業事務)

Contact

株式会社メディケアー

神奈川県藤沢市藤沢1027
http://mc-tehart.com/