同期メンバー座談会
入社して6年。
「どう成長した?」
「今、課題と感じていることは?」

株式会社メディケアー

2013年にメディケア―に新卒入社した同期メンバー・8人が集合。
6年の経験を積んだ今、自分がどう成長したと感じているか、どんなことを意識しながら働いているか、どんな課題を抱えているかなどを語り合った。

 目次

それぞれのお客様に合わせた対応で、早く距離を縮められるように

※名前の後ろの略称/(営)=営業、(ア)=アフターサービス、(事)=営業事務

吉武(ア):入社した頃から成長したかなと思うのは、会話を通じてお客様との距離を早く縮められるようになったこと。利用者様ご本人だけでなく、ご家族のケアもできるようになったことかな。昔はとにかく失礼がないようにするとか、業務をこなすだけで精一杯だったけど(笑)。

澤地(営):うん。1~2年目の頃は、問い合わせがあった用具を持って行って説明するだけで終わり。今はその人の生活状況を見て、「こういうのどうですか」ってプラスアルファの提案ができるようになった。

一同:(うなずく)

片貝(ア):私、少し前に担当地域が変わって、これから初めて訪問するお客様もいるんだけど、皆はどうやってお客様との距離を縮めたり、覚えてもらったりしているのか改めて聞いてみたい。

澤地(営):相撲や駅伝は好きな人が多いし、自分も好きだから、その話題は結構盛り上がれる。アフターサービスのスタッフが訪問履歴にその人の趣味を書いておいてくれたりするから、それを話題にしたり。

吉武(ア):家の中を見て「これが趣味なのかな」と思ったら、それを会話のきっかけにしてる。編み物が趣味のお客様がいたから、私も編み物やってみた。訪問したとき「うまくできなくて。難しいですね」って話題に出したら、コツとかを楽しそうに話してくださって。あと、お孫さんの話題も会話が広がりやすい。

相原(営):相手の趣味や興味に合わせるだけでなく、自分の話も結構するなぁ。僕は「近々結婚するんです」という絶好のネタがあったから、「式が終わったら写真見せてね」なんて言われて会話が弾んだ。

澤地(営):話したくてたまらないお客様、話しかけられるのを嫌がるお客様、いろいろだから、一人ひとりのスタイルに合った対応力をもっと磨きたいと思う。

左から古賀志緒里、澤地裕也、片貝志乃、相原祐樹

片貝(ア):私は最初に一声かけたときの反応を注意して見てるよ。話をしたい利用者さんって、「お使いの用具で気になることありませんか」と一声かけるだけで、わーっと返してくださる。

坂野(営):でも、今でも時々予測が外れること、あるんだよね。物静かな雰囲気の方で、あんまり話しかけないほうがいいかな、と思ってたら、急にガンガンしゃべり始めたり。僕自身はあまりしゃべらないほうだから、相手がおしゃべり好きな方なら聴き役に徹する。控えめな方でこちらからコミュニケーションをとっていったほうがいいかなと思ったら、お天気の話をする。外に出られない方とか、お天気の話は結構喜ばれるから。

 金岡(営):僕もおしゃべりが得意なほうではないんだよね。だから「聴く姿勢」に気をつけてる。利用者様が言うことを否定しない、興味を持って親身になって聴く、適度な距離感を保つ。そうやって話しやすい空気をつくれば、相談してもらいやすくなると思うから。

澤地(営):確かに話す内容だけでなく、相手に与える印象は大事。僕は先輩から言われた基本を意識して守ってるよ。目線は下側から送るとか、真正面に立たず隣に寄り添うように立つとか。

坂野(営):僕も表情が堅くならないようにしてる。あえてよく笑うようにしてるよ。

相原(営):皆、自分のスタイル確立してるなぁ。僕自身も自分らしいカラーは出せるようになってきたかな、とは思うけど。

坂野(営):自分らしい、って?

相原(営):えっ、改めて聞かれると困るな……どう言えばいいんだろ……。

片貝(ア):私は同じ事業所にいて見てるけど、すごく気が利くと思うよ!

相原(営):そう、それ(笑)。「これをしたら喜ばれるかな」ということは常に想像して、実行するようにしてる。

      左から吉武由佳子、金岡勇気、木下亜矢香、坂野篤史

Profile

金岡 勇気(横浜南事業所/営業)
坂野 篤史(横須賀事業所/営業)
澤地 裕也(大和事業所/営業)
相原 祐樹(藤沢本社/営業)
吉武 由佳子(新横浜事業所/アフターサービス)
片貝 志乃(藤沢本社/アフターサービス)
木下 亜矢香(川崎事業所/営業事務)
古賀 志緒里(横浜南事業所/営業事務)

Contact

株式会社メディケアー

神奈川県藤沢市藤沢1027
http://mc-tehart.com/