若いうちから難度の高い仕事に果敢にチャレンジできる会社を選ぶ

株式会社ワークスアプリケーションズ

牧野 正幸Masayuki Makino

代表取締役最高経営責任者

誰もやらないならオレがやる

もともと外資系コンピュータ会社のコンサルタントとして仕事をしていた私に、起業するつもりなど、まったくありませんでした。

当時、日本の大手企業向けシステムは、クライアントの注文に合わせて、すべてゼロから作り上げる「オーダーメイド型」。どの企業も同じような仕様でありながら、ゼロベースの作業を繰り返していました。「こんな無駄はありえない。なんとかならないのか」。悶々とした思いが募りました。

日本と米国にあるビッグユーザーのシステムをレポートするために日米を行き来していた頃のことです。日本の大手企業のITコストは、米国に比べ、突出して高いことに気付きました。理由は前述の通り、米国の大手企業はいちいちオーダーメイドでシステムを組むことはせず、メーカーがユーザーニーズを先取りして開発したパッケージ型システムを使っていたからです。

開発に数百億円かかったとしても、より多くのユーザーが購入することで単価を下げることができる。一方、莫大な研究開発費を投じられる分、高機能にできるわけです。ソフトは工業製品と同じで、大量生産のスケールメリットが利く商品。海外では、自社専用のシステムを組んでいる大手企業は皆無ともいえる状況でした。

当時、日本には中小企業向けパッケージソフトはあったものの、大手企業向けのものはありませんでした。資金に余裕がない中小企業はパッケージソフトを購入し、大手企業はオーダーメイドのソフトを注文するというのが日本の常識でした。

「業務フローが複雑な日本では、オーダーメイドでないと対応し切れない」と、まことしやかに論じられることもありましたが、世界中の企業を調べてみるとそんなことはない。

日本独自の商習慣は確かにあっても、それは米国でもヨーロッパでも同様であり、実際には地域ごとの諸事情を反映したパッケージソフトが供給されていました。

お客様の要望に甘えて、こんな無駄なことを繰り返していていいのか。根本的に間違っているのではないか。日本の企業も世界水準で、ローコストなシステムを手に入れるべきではないか。この業界の問題点と矛盾に気が付いてしまったんですね。

けれども、莫大な投資が必要な大手企業向けパッケージソフトを日本で作ろうという人など現れはしない。「誰もやらないならオレがやる」というのが、起業のきっかけでした。

Profile

1963年兵庫県生まれ。
大手建設会社、ITコンサルタントを経て、1996年に同社を設立。現在、同社の製品であるERPパッケージソフト「COMPANY」は、ERPパッケージ市場において国産パッケージNo.1※となる。

また、イノベーションの源泉として優秀な人材の採用に注力し、「問題解決能力発掘インターンシップ」を始めとし、次々と新しい採用プログラムを実施。独自の人事戦略でも注目を集め、2010年、「働きがいのある会社」第1位(Great Place to Work Institute Japan)に選出、5年連続ベスト5にランクインしている。経営者としても「理想の経営者No.1」に選ばれるなど、幅広い支持を集めている。

※市場占有率推移(パッケージ市場)販売社数シェア
出典:株式会社富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場」2013年版

Contact

株式会社ワークスアプリケーションズ

本社
〒107-6019
東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル19階
TEL:03-6229-1200(代表)
URL:http://www.worksap.co.jp/