20代でスタートダッシュすれば 圧倒的に成長できる

株式会社CONY JAPAN 代表取締役 小西 正行

小西 正行Masayuki Konishi

株式会社CONY JAPAN

代表取締役

2015.03.24

1冊の本との出会いで人生が変わる

私の父は営繕、つまり工場や倉庫の建築や修繕をする仕事をしていました。自宅に事務所があったので、幼い頃から職人として働く父の背中を見ていたと思います。家のことが手伝えるようになった小学生の時には、セメントを練ったり、チラシ配りなどをして父を助けていました。小学校の卒業文集に書いた夢は、「建築の親方になる」です。

そのまま進学し、高校を卒業した時に、他に選択肢もないと思って職人になりました。ただ父とは違い、住宅関係です。お客様との距離が近く、工場や倉庫のように日曜に仕事が入ることはほぼないのが住宅の仕事の良いところです。正直その頃から、職人というのは収入に限界があるな、と感じていました。羽振りの良い先輩たちは皆さん営業職で、20人分でも気前よくご馳走してくれます。恰好良いなあと思っていました。

私が22歳の時に父が亡くなりました。その頃は自分で事務所を細々ながら経営していました。住宅のリフォームなどを請け負う、いわゆる下請けの工務店です。
そして24歳の1997年の正月の挨拶回りで、ある職人さんが一冊の本を薦めてくれました。それが、ナポレオン・ヒルの『成功哲学』(きこ書房)でした。本をくれたその方は、営業を経験して40歳を過ぎてから職人になったという人で、「まだ若いのだから、これを読んで頑張ってみたら」とアドバイスしてくださいました。ご本人が昔読んでいた、昭和40年代の、つまりその時点ですでに20年以上も前の本です。

そこには想像を遥かに超えた、目からうろこが落ちまくりの内容が詰まっていました。成功者に必要なもの、それは明確な願望と最終期限ということ。私は今まで何の目標もそれに対する期限も決めたことがありませんでしたが、これではせっかくのチャンスも逃してしまう、そして自分自身でそういった状況に身を置いていたという事実に気づかされました。これではいけない、そう思い直して職人ではなく、経営者として今ある会社を立派にする、と決めたのです。

明確な目標に向かって突っ走る

明確な目標と一概にいっても、今まで目標を立てたことがないので、すぐには決められず、模索していたある日、FAXでDMが届きました。いつもなら読まずに捨てるところですが、その時はアンテナが立っていたのでしょう。そのDMは前にも見たことのある、セミナーの広告でした。見出しは、「創業5年で売り上げ18億円、3年後に30億円の会社を作ります」です。きちんと期日もありますし、これこそ「明確な目標」だと思いました。

セミナーの講師は奥田勇という人で、この人に会ってみたいと思いました。でもセミナーの参加費用は3万5000円+消費税です。4時間程度のセミナーに払うには躊躇してしまう額です。母や妻に相談するともちろん反対でした。それでも、その時の私は行動する時だと思ったのです。1日悩んだ末、そのセミナーに出席しました。

人生で初めて受講するセミナーで、壇上の奥田さんは、ひげ面で長い髪を束ねていて、かつらメーカーで日本一の営業成績を出した後に独立、20代で年収が2000万円になったという方でした。自分の周りにいる人以外の話を、初めて熱心に聞き、そして「この人のようになりたい」「この人に自分のことを知ってもらいたい」と強く思ったのです。目標とすべき人に出会えたことで、自分の目標も明確になりました。

10年後は平成19年度で切りが悪いので、「平成20年度で売り上げ30億円の会社を作ろう」と決めました。前年の売り上げが3000万円ですから、目標は100倍です。
さっそく、税理士や司法書士に会いましたが、「会社って難しいですよ」「10年続けるのも大変です」などとネガティブなことばかり言われます。それでも、大変でも売り上げがあれば、なんとか続けていくことができると思っていました。子どもの頃に普段は仲の良い両親がけんかをするのも、決まって「お金がない」という時。だから金に困らないように、「50期連続増収」をもう一つの目標にしました。

その年の7月に会社を作りました。春には長男が生まれていたので、がむしゃらに働き、どんどん仕事を取りました。下請けの工務店から、元請けになったのです。誰かから営業の仕方を習ったわけではありませんが、昔から男女、年上年下問わず、仲間や友人はたくさんいました。私の〝人にモテる〟ところが、良かったのだと思います。

27歳までは、毎日朝から晩までしっかり働き、夜中は飲みに行って、また朝から仕事、という生活でした。誰かが「昨日は10時間寝た」などと言うのを聞くと、「その時間をくれ」と思いました。その時間があったら、仕事と遊びに使うのです。

平成10年度の売り上げは前年の10倍、3億円を超えました。4年後には8億4000万円になり、30億円に達したのは平成21年度です。目標より1年遅れですが、平成17年に耐震偽装問題が起こり、少し伸びが止まったので仕方がありません。それでも減収とはならず、建築業界誌の編集長に驚かれました。会社は目標通り17期連続増収を続け、売り上げは創業時の200倍、60億円に達しました。そして今は100億円という目標に向かっています。

セミナーで憧れた奥田さんは、その後私のメンターの一人となりました


Profile

1973年大阪府生まれ。
24歳で有限会社スペースアップを設立。初年度より17年連続増収を記録し、2013年度売り上げ60億円を突破。業界のリーディングカンパニーとしてメディアに多数紹介される。2006年、スペースアップでの経験を生かし、組織構築・人材採用・人材育成のノウハウを全国の経営者へ伝えるべくコンサルティング会社、株式会社ソリューションを設立。経営コンサルタント・セミナー講師としても全国で講演活動を精力的に行うなど「最強の組織構築」請負人として注目される。2011年5月、グローバル展開を推し進めるため、新たに『CONY WAY』を構築し、数社あった会社を統合し、株式会社CONY JAPANに社名変更。今後は人財で勝負できる業界に進出し、2022年度にはグループ売り上げ1000億円と、50期連続増収企業を目指す。趣味はゴルフ、クルージング、読書、旅行、飲みニケーション。座右の銘は「死ぬこと以外はかすり傷!」。

Contact

株式会社CONY JAPAN

東京オフィス
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3-8-12 渋谷第一生命ビルディング5F
TEL:03-5774-2202

大阪本社(登記上本店)
〒541-0047
大阪府大阪市中央区淡路町4-7-5 本町ハイエストビル2F
TEL:06-6203-0888

URL:http://www.cony-japan.com/

関連書籍のご案内

書籍
「メンター的起業家に訊く 20代に何をする?」

20代だから人生は変えられる。今しかできないことがある。
成長企業のトップ26人に聞く、「いま20代の若者たちは、何をすればいいのか」をまとめたインタビュー集。

ご購入はこちら

週間アクセスランキング