識学で組織の不要な悩みや課題を一掃し
日本の企業を、そして日本全体を元気にしたい

株式会社識学

吉原 将之Masayuki Yoshihara

東京営業1部 東京営業1課 課長 識学講師

国内外での多様な経験から、経営者の課題に共感

「海外進出を図るために現地企業のM&Aや提携に乗り出す日本企業は多いのですが、うまくいかないケースが多々見られます。そういう会社こそ、識学を導入したらもっと楽に、スピーディに課題解決につながると思います」

そう語るのは、識学講師の吉原将之だ。

吉原はグローバルな経歴を持つ。アメリカの大学院を卒業後、サウスイースト・ミズーリ州立大学でアジア系留学生への英語指導や学術アドバイザーを務めた。帰国後は、教育事業を展開する大手企業で、留学、日本語学校、MBAといった分野の事業責任者を経験。その後、英国政府の外郭団体であるブリティッシュ・カウンシルで、イギリスの英語教育やアートのセールス部長、広報部長を歴任した。

「日本を元気にする」。それが、吉原の職業選択の根底にある想いだ。「グローバルな舞台で活躍する日本人を育成していけば、日本の底力を上げることができるはず」と考え、仕事に没頭してきた。

識学との出会いは、ブリティッシュ・カウンシルでの仕事が軌道に乗り、成果が出始めた頃。「何か新しいことにチャレンジしたい」という気持ちから転職活動を始めた。教育畑でキャリアを積んできた吉原への入社オファーは多かったが、どれもこれまでと変わり映えしない。そんなときに識学を知り、「この考え方なら日本の若者たち、そして日本が元気になる!」とピンときたという。

「誤解や錯覚が世の中にはたくさん溢れていて、それらが人の可能性を制限してしまっています。識学は、その誤解や錯覚をひも解きながら、人の可能性を最大化する独自理論。それまでの自分も誤解や錯覚によって悩まなくてよいことで悩んでいたのがわかったとき、識学にすごく魅力を感じ、多くの人に伝えたいと思ったのです」

吉原自身、前職のマネジャー時代に100人の部下を統括していたが、この誤解や錯覚に起因する多くの悩みを抱えていた。皆、自分の仕事を忠実に遂行しているだけなのに、組織内にはさまざまな問題が起こる。「なぜだろう」とずっと悩んでいたことが、識学によって言語化・図式化され「こういうことだったのか」と衝撃を受けた。

現在は識学講師として企業に識学を紹介し、導入時のトレーニングを担う。まずは経営陣がトレーニングを受け、現場のマネジメント職への集合研修、評価制度の構築…というのがオーソドックスな流れだ。その基本をふまえた上で、組織の状態や課題に応じて臨機応変に対応していく。例えば、組織づくりのほか、採用に力を入れている会社の経営者に対しては、識学のロジックに基づいて面接での質問の仕方を教授することもある。

「私はアメリカの合理的なビジネス風土の中で働き、その後、日本的な会社で『根性型営業』や組織マネジメントを経験し、さらに政府機関という異質な組織風土にも身を置きました。どこもそれぞれに課題や悩みがあります。ですから、お付き合いする会社さんのタイプはさまざまですが、経営者の方とお話をしていて『あー、ですよね』と共感できることが多いですね」

クライアントに向き合う際に吉原が心がけるのは、「○×を明確に伝える」こと。識学講師として「こうすべきだ」と思ったことはきっぱりと伝え、あいまいな点を極力残さない。クライアントからも「質問をすると必ず答えが返ってくるからありがたい」という声が寄せられる。

あるクライアントでは、識学を導入したことで、既存社員が全員辞めたケースもあった。それでも、その会社の社長は「識学通りにやっているから問題ない」と強い意思を持って進めた。結果として、導入から半年で社員数は3倍に増え業績も上がった。

「識学を伝えているとき、今まで社長の頭の中でもやもやしていたものが、どんどん晴れていくのが手に取るようにわかります。それがすごく面白い。経営者の皆様の力になれていることを日々実感できています。識学の導入によって活性化し、成長する企業を増やす。グローバル市場に打って出ても負けない競争力を付ける。それによって『日本を元気にしたい』という自身の理念を体現していきたいと思います」


インタビュー・編集/青木典子三本夕子
撮影/田中振一