泣けるような仕事を したことがあるか

株式会社サーキュレーション

久保田 雅俊Masatoshi Kubota

代表取締役

決断! 決断! 決断!

私は父が40歳の時に生まれたので、物心ついた時には父はもうシニアでした。父の会社の倒産を目の当たりにして、中小企業の経営の難しさや少子高齢化社会の課題を感じました。そして、シニアのビジネスに関心を持つようになります。

就職活動を始めて、マーケットが伸びそうな業界の中で最も興味を持ったのは、インターネットと人材サービス会社でした。そして「いつか自分が起業する時に一緒にやりたいと思えるようなメンバーがいる会社にしよう」と選んだ就職先が、インテリジェンスでした。私は自信満々で社会人1年生となりました。

実際に始めてみると、営業らしく話すことさえできない。営業成績もよくない。青天の霹靂でした。でも、負けたくない一心で、朝起きたら新聞3紙に目を通し、夜遅くに帰宅したら鏡の前で営業のロールプレイングの特訓を独り続けました。

社会人1年目は冴えないままでしたが、2年目に急にトップ営業になりました。その後は最年少マネージャー、さらに最年少部長となります。

当時数千人の社員が在籍していた会社で、金融部門の部長となった時は、27歳でした。当時の上司である役員に、「一番厳しい環境に身を置け」と抜擢をしていただきました。

業界知識もなく、年上の部下ばかりという状況で、半端のないプレッシャーの中、書籍を読んだり、先輩から教わったりしながらやってみましたが、うまくいきません。

そして試行錯誤の末に気づいたのが、「今、決断することが正解だ」ということでした。結論を先送りしても何も変わらないし、自分も成長できない。決断してすぐ実行する、ダメだったら変える。これが先に進むための、最善策でした。まず決めてやってみる。

Profile

1982年静岡県生まれ。
大学時代に学生ベンチャーを立ち上げた後、2005年株式会社インテリジェンスに入社。一貫して企業の人事戦略支援、中途採用支援に携わり、IT、金融業界のトップアドバイザーとして活躍。150社の採用アドバイザーを務め、300人以上の転職サポートを3年間で実施。最年少でマネージャー、ゼネラルマネージャーに就任。2010年に自ら起案し、社内ファンドより初の投資を受け、社長に就任。2年半で社員数40人まで事業を拡大。2014年独立し、 株式会社サーキュレーションを設立。企業の経営課題、外部人材(シニアエグゼクティブ、ミドルプロフェッショナル)の経験や知見、人脈をマッチングするサービスを提供。

Contact

株式会社サーキュレーション

東京都渋谷区神宮前3-21-5 サーキュレーションビル

URL:http://www.circu.co.jp/