COO×CFOの
唯一無二のアドバイザー。
成功と失敗の両方を伝え
ベンチャー企業の成長に貢献

秋田 将志Masashi Akita

経営アドバイザー

個人の力を最大化できる
会社づくりをサポート

アルバイトから副社長まで
全てのステップで得た経験を
世の中に還元する

 目次

ベンチャー企業での経験をシェアすることが自らの使命

「失敗を数多く知るアドバイザー」。

自らをそう称するのは、かつてCOOとして13億円の資金調達を実現させ、現在はベンチャー企業へのコンサルティングを行う秋田将志だ。自身がベンチャー企業で勤めた経験をもとに、「ベンチャー特化のアドバイザー」としてクライアントの成長に貢献している。

秋田のコンサルティング業務の形態は多岐にわたる。顧問業としてのアドバイスがメインのときもあれば、業務支援という形で経営陣のバックアップに努めるときもある。「フルコミットでなくても、支援してくれるだけでもうれしい」という声がベンチャー企業の中にはあり、業務支援というニーズにも柔軟に対応している。

秋田がCOOを務めていた株式会社みんれび(現:株式会社よりそう)は、2009年に創業し、葬儀社のポータルサイトやお坊さん手配サービスなど葬儀関連事業を展開している。

秋田はみんれびに創業メンバーとして参画。アルバイトで入社すると、10ヵ月後に営業部長に昇進し、その2年後には取締役に就任。2015年には取締役副社長兼COOと、在籍した9年間でアルバイトから副社長まであらゆる立場、業務の経験を持つ。

COOとしてのキャリアに加え、税理士や弁護士などとの協働経験によって蓄積されたCFOとしての知見。この両方を兼ね備えるのが秋田の最大の強みだ。財務諸表の作成から始め、それから事業計画の作成へと移っていくのが秋田のスタイル。財務の部分からサポートしていくことによって、ベンチャー企業が成長するための基盤を作っているのだ。

「今の時代に求められているのは、変化のスピード。時代の移り変わりに合わせて、会社がどう変化していくかが重要です。うまくいっていない会社は、過去の栄光にとらわれているか、もしくは情報整理ができていないか。『何をやるんだっけ』とやるべきことが明確でない場合も少なくないので、財務諸表から一緒に作っていくことで、きちんと収益が出せるような状態にしていきます」

みんれびを退職し、現在は合同会社divを経営。ベンチャー企業へのコンサルティングを秋田自身が一人で行い、「自分の経験をシェアする」ことに価値を置いている。

「みんれびでは、エンディング業界というニッチな分野に携わりました。ポータルサイトへの掲載企業数が5年で500社を突破、2017年にはお坊さん手配サービスの提携僧侶数が1000人突破と、会社の成長に貢献することができました。そのノウハウが他の分野で役に立つのか試してみたくなったのです。また、アルバイトから入社し、役員、副社長とすべてのステップを経験。13億円の資金調達や各部門の設立など多くを経験させてもらい、それを世の中に還元したいと思ったので、僕一人でのコンサルティングという形を取っています。成功も失敗も全て伝え、ベンチャー企業の成長に少しでも貢献できる仕組みを提供していきたいです」

Profile

1985年、愛知生まれ。岐阜県中津川市出身。高校卒業後、アメリカに留学し、University of Central Oklahomaを卒業。新卒でWebを中心とした保険の総合代理店に入社後、2009年に創業メンバーとして株式会社みんれび(現:株式会社よりそう)に参画。葬儀業界に特化したメディア営業を通して1400社以上のネットワーキング、24時間365日稼働のカスタマーセンターを構築。また、葬儀・供養業界におけるPBブランド等の事業を構築。役員、副社長を歴任。みんれびを退職後、合同会社divを設立。「失敗を数多く知るアドバイザー」と称し、個人でベンチャー企業の経営コンサルティングをおこなう。

Contact

合同会社div

東京都新宿区中落合3-9-5

m-akita@in-div.jp