ユニフォームの
コンシェルジュとして
お店の価値と利益を
向上させる

株式会社エムアンドエス

齋藤 優Masaru Saito

代表取締役

デザインからレンタルまで
トータルプロデュース

「おもてなしのプロをもてなす会社」
を理念に、ユニフォームの枠を越えた
さまざまな価値を提供

お店のブランド力を高めるユニフォームを提案し、運用を支援

「ユニフォーム」は、会社やお店の印象を大きく左右する大切な要素だ。特に飲食店においては、インテリアや食器などと同様に、店を魅力的に演出する役割を果たす。また、慢性的に人手不足の飲食業界においては、スタッフ自身が「着たい」と思えるユニフォームを採用することで、人材確保にも効力を発揮する。

株式会社エムアンドエスは、ユニフォームのデザイン提案から製作、販売、レンタル、管理まで、ユニフォームに関するトータルプロデュースを手がける会社だ。

顧客は飲食業をはじめ、小売業やメーカーなど。飲食店の納入先は、20店舗程度をチェーン展開する企業を中心に、個人店から100店舗以上の大型チェーンまで幅広い。高級店が多いのも特徴だ。

昨今では、ユニフォームのカタログを持って行っても「要らない」という顧客が増えているという。汎用的なデザインや素材ではなく、自店のコンセプトによりふさわしいユニフォームを求めているのだ。

代表取締役の齋藤優は「ユニフォームのコンシェルジュでありたい」と語る。

「ユニフォームには、ポリエステルなど耐久性のある化学繊維が使われるのが一般的。しかし、例えばオーガニックを打ち出すお店や、高級感のある『和』を演出したいお店からはコットンや麻などの自然素材を使いたいというご要望もあります。最近ではデニム素材も人気ですね。もちろん、世の中のファッションのトレンドにも左右されます。また、20代のスタッフが着たいと思うもの、20代から60代まで幅広い年齢層に似合うものなど、お店のスタッフの年齢層も考慮する必要があります。当社では、ユニフォーム専門のデザイナーがお客様の要望を聞き、理想のイメージを形にします。縫製工場とも提携し、小ロットのオリジナルユニフォーム製作にも対応しています」

さらには、付加価値のある企画も仕掛ける。例えば、ファッション専門学校に依頼して学生にユニフォームのデザインコンペをしてもらい、採用したデザインをプレス発表する。

顧客にとっては、優れたデザインのユニフォームができるだけでなく、宣伝効果も得られるというわけだ。

ユニフォームが決まったら、販売して終わりではなく、レンタルサービスも行う。汚れたユニフォームを定期的に回収し、クリーニングして再納品する仕組みだ。レンタルには初期費用の削減、在庫管理の合理化、衛生基準の維持といったメリットがある。すでに使用しているユニフォームをエムアンドエスが買い取り、レンタルユニフォームとして運用するサービスも提供している。

ユニフォームレンタル会社は数多くあるが、エムアンドエスならではの特徴は、ユニフォームの「稼働率」を細かく管理している点にある。スタッフ一人ひとりがどの程度の頻度で着替え、月あたり実質何着使っているかのデータを出すことで、その店にとって最適な投入枚数を算出して提案する。

「それをしない業者のほうが、実はもうかるんですよ。お店がムダに多く使ってくれれば、レンタル提供側の売上は上がりますから。でも、それでは最終的にお客様の満足にはつながらない。お客様にコスト削減、利益向上の対策を提供できてこそ、パートナーとしての価値を認められると思うんです。それに、『ユニフォームがない!』などの事態が発生したとき――多くの場合、他の人が着ていたり置き忘れていたりするんですが、納品データの管理を徹底することで、問い合わせにもすばやく答えることができるんです」

株式会社エムアンドエス 代表取締役 齋藤 優

Profile

1964年、埼玉県出身。明治学院大学卒業後、大手生命保険会社に入社。銀行とのタイアップ商品をオーナー経営者に案内する営業を経験後、拠点長として保険外交員のマネジメントを行う。その後、ユニフォームレンタル会社2社で経験を積み、起業を決意。損害保険代理店として生活費を稼ぎながら2年かけて起業準備を進め、2002年、株式会社エムアンドエスを設立。

Contact

株式会社エムアンドエス

東京都立川市富士見町5-23-17 富士見ビル1F

http://mands-uni.jp/