<EO Tokyo メンバーインタビュー>
皆が「対等」に、心をオープンにして付き合えるのが魅力

株式会社ピーバンドットコム 代表取締役 田坂 正樹

田坂 正樹Masaki Tasaka

株式会社ピーバンドットコム

代表取締役

2017.01.31

EO_Tokyo_CMYK_Horizontal

EO Tokyo My EO

創業:2002年
EO加入:2011年

─ 会社の強みを教えてください

プリント基板のネット通販の先駆者であり、シェアNo.1

プリント基板のネット通販「P板.com(ピーバンドットコム)」を運営しています。プリント基板とは電子部品や集積回路(IC)、それらをつなぐ配線などを高密度に実装した板状の部品。サーバ、医療機器、自動車、産業ロボット、航空機など、あらゆる電子機器の「心臓部」といえるものです。

当社はプリント基板のネット通販を先駆けてスタート。現在は国内1万8000社のお客様に使っていただくまでになり、業界No1シェアを獲得しています。
対応しているのは、電気で動くおもちゃから人工衛星などの最先端分野まで。海外各地の工場をネットワークし、自社で設計・製造・実装。デリバリー力と品質管理力を強みに、幅広いニーズに対応しています。

今後の事業拡大のカギは3つの波に乗ることです。一つは、2020年に市場規模が350兆円規模に拡大すると言われるIoT(モノのインターネット。さまざまなモノがインターネットにつながる)への対応。二つ目として、事業継承ができない国内製造業および海外製造工場に対してM&Aを行い、製造業における「SPA(製造小売)」を実現します。また、需要増に応えるため、国内リタイヤ人材のクラウドソーシングも手がけていきます。

─ あなたにとって「EO」に参加する価値とは?

皆が「対等」に、心をオープンにして付き合えるのが魅力

参加にあたり、「オープンマインド」「イコールパートナーシップ(対等な関係での協力や提携)」といった基本姿勢を世界中のメンバーが理解し、実践しているのがEOの特徴。経営者が集まる場では、相手を「格下」と見ると途端に態度を変える人もいますが、EOメンバーにはそれがない。皆、年齢・経歴・会社規模など関係なく、心を開いて向き合います。このマインドの大切さは、人間関係を構築する上で普遍的。どの国でも、どの時代でも、このマインドを持てる人は繁栄することに気付かせてもらえました。

僕はいろいろなカリキュラムを活用しています。例えば、アジア各国を結んで行われる「アジアブリッジフォーラム(ABF)」。この場には、アジア各国をはじめアメリカ、ヨーロッパまで、アジアのビジネスに関わっているメンバーが集まります。僕はアジア各国の工場と連携してビジネスを展開しているので、仕事の課題解決のヒントを得たり、経験をシェアできたりする貴重な機会となっています。

また、最近「メンターシッププログラム」も導入されたので、手を挙げて「メンティー(被育成者)」となり、メンター役の経営者から指導・助言をいただいています。メンターは年下で、業種もまったく異なる方ですが、新しい視点を得ることができています。

Q. あなたが自慢できることは?

「国内の取引先社数がおよそ1万8000社に達していること。その注文を、15人の正社員でこなしていること。
最近では、世界が注目する国際的スポーツイベントの式典でインパクトを与えた演出に、当社の技術が使われました。」

Q. これまでに挫折や失敗の経験は?

「2007~2010年頃、為替予約で失敗して大損を被ってしまいました。以来、為替予約は行っていません。」

Q. 大切にしている言葉は?

西郷隆盛の言葉をまとめた「南洲翁遺訓」の30条。
「命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は、仕末に困るもの也。この仕末に困る人ならでは、艱難を共にして国家の大業は成し得られぬなり」
――稲盛和夫氏の経営塾「盛和塾」でこの言葉を知り、志を高く持つことの大切さを実感しました。


インタビュー・編集/垣畑光哉青木典子


Contact

株式会社ピーバンドットコム

東京都千代田区五番町14 国際中正会館10F

https://www.p-ban.com/

「EO Tokyo メンバーインタビュー」

「刺激と学びを得て圧倒的に成長したい」
「海外とのホットラインが欲しい」
「経営者にしかわからない課題や悩みを共有したい」

―― そうお考えの経営者の方

そしてベンチャー企業に興味がある方、

または起業志向でメンターやロールモデルを探している方へ

EOという経営者の会をご存知でしょうか?

EO - Entrepreneurs’ Organization(起業家機構)とは、1987年に設立された年商$1MILLIONを越える企業を担う若手起業家の世界的ネットワーク。現在48カ国157チャプター、11,000名以上のメンバーによって構成されています。

1995年にグロービス堀社長(EO Japanファウンダー)を中心とする日本の起業家が集まり、アジアで初めて、日本支部となるEO Japanを設立。2010年のEO Osaka誕生以後はEO Tokyoと改め、第21期の現在では約230人が在籍しています。

EOの価値、そしてそれぞれの会社・起業家の強みや魅力を、現役EO Tokyoメンバーのインタビューから、ぜひ感じ取ってください。

週間アクセスランキング