地域のニーズを踏まえて
お寺を再生。
人と人をつなげることで
お寺の存在意義を拡大する

「DIALOGUE TEMPLE」

池谷 正明Masaaki Iketani

編集長/株式会社唯 代表取締役

コミュニケーションがお寺を変える!

僧侶の人柄を伝えることで
市民と僧侶が対話できる機会をつくり
僧侶の価値を再構築する

お寺の強みを発信し、地域の人々との距離を縮める

かつて、お寺は地域住民の心の拠りどころとして、葬儀や布教の場に留まらないさまざまな役割を果たしていた。古くは寺子屋として子どもたちの学び舎となり、祥月命日の法事では身近な悩みの相談相手ともなって、地域住民と深く結びついていたのである。しかし、社会の変化とともにこれまでお寺が担ってきた役割の必要性が薄れてきた。そして今、ライフスタイルの変化に伴う供養の多様化によって寺離れが進み、人々とお寺とのつながりはさらに薄れつつある。寺院での読経や供養に価値を感じない人も増えており、自ら魅力を発信できないお寺は淘汰される運命にあるといっていいだろう。

こうした危機的状況の中、お寺に代わって強みを発信し、地域の人のニーズに合ったお寺の在り方を企画して集客につなげているのが、株式会社唯だ。自らも浄土真宗本願寺派の僧籍を持つ代表取締役・池谷正明は、「誰でもいいからお寺に来てください、というマーケティング活動は、今の時代に合わない」と話す。

「お寺が自分たちの強みを明確にして、それに共感する人を呼ぶ。そうしないと、お寺は墓参りの場であるというイメージから抜け出せません。僧侶が遺族や檀家に対し日頃から何を伝えているのか、その価値を深く知ってもらうことが重要です。当社では、依頼を受けた寺院の情報発信のやり方や広報の支援、全体的な業務改善提案などを通して、お寺の存在価値の向上に貢献していきます」

檀家制度が崩壊しつつある昨今、お坊さんと付き合いがないケースは多い。葬儀の簡略化も進み、僧侶の存在意義が変わる中、「普段の付き合いはなくても、葬儀のときにきちんと故人を弔ってくれればいい」というニーズも増加傾向にある。

そこで唯では、マスコミ出身の視点からお坊さんや仏教のことを知りたい人に届けるメディアを運営する。

僧侶はもっとも人柄が重視される職業だからこそ、僧侶自身がこれまで何を大切にしてきたかを第三者視点で伝えるメディアだ。

「僧侶やお寺は敷居が高いと思う人が多いですが、見せ方や伝え方をお寺から変えれば距離は縮まっていきます。僧侶もただ一方的に話をするのではなくて、話を聞いてあげる。そして宗教者としての立ち位置を変えず、僧侶自身の体質を変えていく必要があると思っています」

Profile

1975年、神戸市にある寺の次男として生まれる。大学卒業後は福岡のテレビ局に入社し、広告営業を経験。14年間勤めたのち、ベトナムの広告制作会社に転職し、在越日系企業のブランディングに従事。2017年に帰国し、株式会社唯を設立。都内の寺院の広報担当として雑誌社やライター、一流企業の経営者と住職の協業企画を実施した。現在、宗派問わず寺院や僧侶のマーケティング活動や業務支援をサポートしている。

Contact

「DIALOGUE TEMPLE」

http://dialoguetemple.com/