東京に残された最後の遊休地「屋上」に人が集まる場所を生み出す
UAO株式会社 代表取締役 伊藤 麻理

UAO株式会社

伊藤 麻理Mari Ito

代表取締役

2016.04.12

建物と自然を一体化した建築を目指す設計事務所

「UAO」は、建築とランドスケープ(「庭園」や「風景」を意味する英単語)の融合を目指し、建物を設計する建築設計事務所です。敷地や周辺環境などをよく観察して、課題を発見し、建物だけでなく、空間全体に何が必要であるかを常に意識しながら、設計することを方針としています。なかでも、緑との融合を積極的にしていきたいと考えています。なぜなら、そこにはコミュニケーションが生まれるからです。

私たちの代表的な作品に、2014年に竣工した公共施設「サイエンスヒルズこまつ」(石川県)があります。〝箱物〞などとよくいわれますが、確かに、従来の公共的な建物は、まさに「箱」といった面白みのないものがほとんどでした。しかし、私たちは、公共建築物も含め、建物とは愛される存在であるべきだという理念を持っています。「サイエンスヒルズこまつ」でも、建物という〝入れ物〞だけではなく、人が集まる公園のような〝場所〞をつくろうという案をコンペに提出し、採用されました。その場を公園にするには、どんな建物をつくればいいのかという順序で設計し、現在のような姿となったのです。

なぜ、公園にしたかったのか。それは、公園であれば、将来的に建物の利用目的が変わったとしても、人が集い、くつろげる場所として存在し続けられるからです。

上京して気づいた、緑のない東京の街

建築とランドスケープの融合に関心を持ち始めたのは、大学の建築学科に入学した頃のこと。栃木県の那須で自然に囲まれて育った私は、進学を機に出てきた東京で自然がないことにショックを受け、息苦しさを覚えました。こうした感覚がきっかけとなり、学生の頃から緑と建築をセットにして課題に取り組むようになったのです。

建築とランドスケープの融合について本格的に関心を持ったのは、当時、建築界の最先
端を走っていたオランダに渡り、現地の設計事務所で働いていた頃です。オランダの建築
は前衛的で、特にランドスケープとの融合が盛んでした。

日本の建物では、ビルの周りに少しだけ木を植える程度でお茶を濁すことが多いのですが、オランダでは、建物の周囲にアートや自然を配置することが推奨され、近所や通りがかりの人が楽しめるスペースが必ず設けられていました。そういう場は、人が留まり、自然とコミュニケーションが生まれる場所になるもの。オランダでは、建築そのものが「街づくり」であり、「都市計画」なのです。

その空間を、本当にすばらしいと思いました。かつて、日本でも、軒先や縁側などの空間がコミュニケーションの場となっていましたが、今ではほとんど残っていません。日本では消失してしまった道と家の中間領域、つまり人が集まる場所が、オランダにはまだあったのです。


書籍「空室が日本を救う!イノベーティブ企業22社からの提言 」から掲載】


Profile

2006年、アトリエインクとして設立後、一級建築士事務所Urban Architecture Office.合同会社を経て、現在の社名へ。2007年「 浄土宗正法寺本堂設計者選定競技 一等」、2008年「群馬県総合情報センター設計者選定競技 一等」などを受賞。同社が設計を手がけた「サイエンスヒルズこまつ」(2014年竣工)は、丘が連続するようなユニークなデザインと独創的なアイデアが話題を呼び、建築関連賞の最高峰「BCS賞」に選出されました。建築と風景の融合を目指す同社が注目するのは、都心の屋上。殺風景な屋上を、緑あふれる建築空間
として生まれ変わらせ、保育所や病院などの施設を誘致。人が集まる場を生み出すことによる、空室問題の解決策を提案しています。

関連書籍

書籍
「空室が日本を救う!イノベーティブ企業22社からの提言」

日本社会が抱える課題の一つに空き家、空きビルなどがある。この課題解決に必要なのが発想の転換、アイデアである。人口が減少し、若者たちのワーキングスタイルが変わりつつある今、スペースの用途を単に住まいやオフィスに限定する従来型の発想では、本当の意味での課題解決には結びつかない。外国人や企業、シングルマザーなど入居困難者や介護、保育、クラウドソーシングなどといった用途で空きスペースを必要とする人が増えている現状を鑑み、自由な発想でスペースを活用していく事こそが解決の糸口となる。そして、こうした取り組みは空室問題の解決だけではなく、女性就労や子育て支援、医療、介護、インバウンドなど、一見空室とは関連性がないようにも思える様々な日本の課題を一括して解決する可能性を秘めている。そこで、本書では画期的な発想で空室問題の解決にあたる20社の実例や知見、ビジネスモデルを紹介する。

ご購入はこちら

週間アクセスランキング