生命保険は毎月の生活費をベースに考える。

株式会社ライフプラザパートナーズ 横浜FA営業部 荒井 守

荒井 守Mamoru Arai

株式会社ライフプラザパートナーズ

横浜FA営業部

ファイナンシャルアドバイザー

2級ファイナンシャル・プランニング技能士

2015.04.27

人生1回きりだから何もしないよりはチャレンジしたかった

1984年に自動車部品メーカーに入社、10年間営業担当でした。

入社した翌年、対日貿易赤字を是正するためのプラザ合意が行われ急速な円高に。

当時日本はバブルの直前。でも私たちは自動車メーカーとの原価低減交渉に追われバブルの実感はなく、このままでいいのかという気持ちが湧いていました。

同じ頃保険業界では外資系の会社が日本の従来の生保レディを使った売り方を変えようという試みが盛んに行われており、男子専業の大卒営業マンをつくろうとしていた1社から誘いの電話をもらったのを機に、真剣に転職を考え始めたのです。

とはいえ保険は未知の業界、生保レディの印象もあったので最初は私には無理だと思いました。でもよく話を聞いてみるとコンセプトが従来とは異なり、義理人情で売るというより論理的に説明して理解して入ってもらうスタイル。これなら自分にもできるかもしれないと思ったのです。

そして33歳のとき、人生1回きりだしチャレンジしよう、もし結果がダメだったとしてもやらずに後悔するより行動したうえでのことなら納得できるだろうと思いきって飛び込んだのです。

ライフスタイルを改善するドクターとしてカルテを作成

私はそもそもシャイなので初めて会う人にいろいろ話しかけたり質問したりしないタイプ。無理やり話題を見つけようとしたり、相手を「お客さま」として見てしまうとお互い身構えてしまうので、自然体を心がけています。

ただし、相談にのっている以上は適切なコンサルティングのために必要な質問はしなければなりません。プライバシーにかかわることもうかがわなければならない。ですから個人の興味で聞いているのではない、今の状態をよりよくするために必要な情報を教えてほしいと思っているのだということをわかっていただくため、ツールとしてカルテをつくっています。

当然ですが、最終的な決断はお客さまに委ねます。もちろん判断するために必要な情報や尺度、選択肢は十分にご提供したうえで、ご自身で決めていただくのです。

保険の仕組みや専門用語を理解してもらい、なぜこうした保険が必要なのかも説明して、その後でご希望とすり合わせをします。


Profile

神奈川県横浜市出身。
大学卒業後、自動車部品メーカーに就職。ヘッドハンティングをきっかけに保険業界に転身する。温厚でシャイな外見とは裏腹に、休みの日には自分のヨット(ディンギー)でレースも楽しむ行動派。内面に秘めた責任感と闘志で業界全体を改善していこうと日々奔走している。

Contact

株式会社ライフプラザパートナーズ

〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸1-11-15 横浜STビル16F 1607号
tel.045-328-4380  fax.045-328-4390
e-mail mam.arai@lifeplaza.co.jp
URL http://www.lp-partners.co.jp

関連書籍のご案内

書籍
「保険のプロベスト30人が教える これからの保険選び」

未曾有の大震災を体験した今、問われているのは保険の選び方
あなたの「こんなはずではなかった」を防ぐプランがよくわかる!

「保険のプロ」はどこにいる?「いい保険」ってどんな保険?
誰もが予期し得なかった災害を目の当たりにし、まさかに備える「保険の選び方」が今、改めて問われようとしている。保険は本来、不測の事態が起こったときにその価値を発揮するもの。一番つらいときに「助かった」となるはずが、「こんなはずではなかった」とならないように、加入者も自分や家族に最適な保険を選ぶ目を養わなければならない。
全国選りすぐりのプロ30人をピックアップ、彼らが加入しているプランもわかる!
あなた守ってくれる保険が必ず見つかる1冊。

ご購入はこちら

週間アクセスランキング