なぜ70%の企業がIPOに失敗するのか。

 

谷間 真Makoto Tanima

IPOスペシャリスト・公認会計士

 目次

7社のIPOを成功させた独自の視点と立ち位置

2016年6月27日、IPOスペシャリスト・公認会計士の谷間真は44歳にして7社目にあたるIPO(新規株式公開)を成功させた。

IPOを達成するには、当然のことながら主幹事証券会社および監査法人といった専門的な実務を行う外部パートナーと連携することになるが、彼がこれまで手掛けてきたIPOの多くは、上場前の企業の経営者に寄り添い、いわば内部の参謀的な立場から行ったものである。

日本では東証1・2部やマザーズ、ジャスダックなどのマーケットに約3600社が上場している。証券取引所が設ける厳しい基準を満たさなければ上場企業にはなれない。400万社を超える日本の企業数を考えると狭き門だ。

また、たまたまIPOを目指す企業に勤め、CFOもしくは上場準備メンバーの一員として参画する機会に恵まれたとしても、それが何度も経験できるわけではない。そう考えると、「7社のIPOを成功させた」という実績は、非常に希有なものだということがわかる。

会社というものは、千差万別であるために、強力なリーダーシップを発揮する豪腕社長のいる会社は、推進力はあるが、社長に従う役員や従業員との間に微妙な意識の違いがあることが多い。そうした会社のIPOに参画した際の谷間は、トップと現場との調整をする通訳的な立場にまわることが多い。

一方、従業員へのおもいやりが強く、人望もある社長の場合、戦略面で思いきった行動を取りづらいケースもあるが、その際には事業計画の立案と実施を自ら行う戦略家としての顔を持つことになる。

それぞれの会社で、その立ち位置やふるまいがまったく異なるのだ。企業やビジネスのあり方の本質を知っている人物にしかできない技といえるだろう。一体、谷間真という人物は、どのようにして今に至ったのだろうか。

Profile

1971年兵庫県生まれ。
京都大学在学中20歳で公認会計士試験に合格し、26歳で初のIPOを経験。その後、28歳から20社以上のベンチャー企業の取締役・監査役・アドバイザーとして経営参画し、2003年から2005年の間に4社のIPOを成功させる。2005年からは上場企業の代表取締役を務めた経験も有している。2013年より41歳で再度IPOビジネスに復帰し、2015年バルニバービ、2016年キャリアの東証マザーズ上場に相次いで成功。独自の視点での戦略立案と論理展開、公認会計士としての専門的知識、経営者経験に裏付けられた指導力、豊富なIPO実績がなせる証券会社との交渉力により、現在のIPO業界で数少ないスペシャリストの一人として、数々のIPOプロジェクトを手掛けている。