海外でこそ、強い信念を持って自分の足で動く
株式会社リッチメディア 代表取締役社長(CEO) 坂本 幸蔵

株式会社リッチメディア

坂本 幸蔵Kozo Sakamoto

代表取締役社長(CEO)

2015.04.24

初めての海外事業を新入社員に任せたワケ

2013年春、私はある決断をしました。リッチメディアとして初の海外進出先となるインドネシアの責任者に、新卒の新入社員を抜擢したのです。

リッチメディアは、美容と健康をメインに、Webマーケティング事業、O2O事業、メディアデザイン事業の三つを主力事業とする会社です。

このうちメディアデザイン事業では、女性の美肌をテーマにした美容ポータルサイト「スキンケア大学」を運営しています。ユーザーの口コミが中心の類似サイトはありますが、「スキンケア大学」では医師やビューティーアドバイザーといった美容・健康の有識者が、専門家の見地からスキンケアを中心に、肌・体・心におけるライフスタイルについてアドバイスを提供しています。

情報があふれ、何が正しい情報なのかを見極めるのが難しくなっている昨今、「確かな知識を持って商品を選びたい」と願うユーザーをサポートするのが、当サイトの目的です。インドネシアでの事業は、この「スキンケア大学」を海外展開しようというもの。日本のスキンケア商品に強い憧れを抱く東南アジアの女性たちに向けた情報発信は、きっと喜ばれると考えたのです。

当社にとって初めての海外事業を、まだ経験の浅い新入社員に任せることにしたのは、私自身が新人時代に、そうやって鍛えられたからです。新卒でサイバーエージェントの大阪支社に営業職として配属された私は、1年目にMVPをとりました。そして2年目には、なんと新設された子会社の役員を任されたのです。周りを見回せば、社長は入社6年目の中堅、7人の社員は全員新卒と、普通の会社では考えられないような人員配置でした。

その会社はSEO対策を主力事業に据えていたのですが、業界の中では最後発。厳しい状況の中、若さだけが取り柄の人員でもがき苦しみながらも、4年目には数億円の利益が出るところまで会社を成長させることができた。これは得難い経験でした。

仕事をするうえで、年齢や実績は関係ない。20代でも環境を与えれば伸びる人間はたくさんいる。もちろん失敗もするけれども、若いうちは失敗さえも糧になる。だから成長する可能性を持った人にこそ、重要な仕事をどんどん任せたほうがいい。これが私の考え方です。

私が人を見るときの基準は大きく五つあります。①夢や目標を持っていること、②最後までやり切る力があること、③真摯であること、④向上心があること、そして⑤チームワークを大切にしていることです。

上述の新入社員は、初めからこの五つすべてを備えていました。母子家庭で育った彼は、「自分が頑張ることで、母に恩返ししたい。そのためにも海外へ出て成功したい」という気持ちを強く抱いていました。彼の向上心や粘り強さは、母親への思いがあればこそだったのです。私も母子家庭で育ったので、気持ちはよくわかります。育った環境が似ているぶん、逆に彼には厳しく当たってしまうこともありましたが、入社前のインターン生のときに、私が設定したハードルを見事にクリアして、きちんと実績を残してくれました。新人をいきなり海外の新規事業の責任者に据えるのは、思い切った人事でしたが、社内の誰もが納得したうえでの抜擢でした。


Profile

1982年大阪府生まれ。
摂南大学卒業後、2006年にサイバーエージェントに新卒で入社。大阪支社に勤務。関西地域での営業実績を評価され、同年10月と翌年4月に同社初の通期連続新人賞を受賞。その後、2007年5月に子会社の株式会社CAテクノロジー取締役に同社最年少で就任。常務取締役を経て、2010年5月に退社。同年6月に独立、ネットサービスやメディア制作などの株式会社リッチメディアを設立して、代表取締役社長に就任、現在に至る。最近では医師が監修するメディア「スキンケア大学」に経営投資し、「アイディアと情熱で夢を叶える」会社を実現すべく、奮闘中。

Contact

株式会社リッチメディア

〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-20-1 住友不動産西新宿ビル24F
TEL : 03-5338-0238
URL : http://www.rich.co.jp/

関連書籍

書籍
「海外で働こう 世界へ飛び出した日本のビジネスパーソン」

世界から、日本を変える人になれ!

アジア各国が急成長を続けるなか、元気がない日本。日本がアジアの代表国としての地位を復権するには、我々日本人、ひとりひとりが勇気をもって外に飛び出し、アジアを引っ張っるキーパーソンにならなければいけない。「わかってはいるけど、あと一歩踏み込めない」そういうビジネスパーソンは数多くいるのではないでしょうか。

成功を手繰り寄せるための失敗体験も含めた成功体験談。そういう「リアル成功体験」に数多く接することが、成功のイメージとなり、アブローダーズとして海外に飛び出す勇気になるはずです。実際にアブローダーズとして成功をおさめた25人のインタビューを通して、「挑戦した成功者は何を考え、どう意思決定を行い、海を渡ったのか」を分析することができます。

「日本に閉じこもらず、アジアで成功したい」という願望を、漠然とでも抱いているあなたが「勇気と意欲」を掴みとるきっかけを与えてくれる一冊です。

ご購入はこちら

週間アクセスランキング