「後世に素晴らしい時代を」。Webサービス・メディアで培った信頼と技術を活かし人材採用の未来を変える

株式会社クインテット

松下 耕三Kozo Matsushita

代表取締役

美容医療分野を中心に、
本当に必要とする情報が見つかる
サービスを提供

人が豊かに生きられる次世代を創るため、
新たな「100年事業」に臨む

美容医療サイト運営から、自社メディア運営支援事業へ展開

「我々が目指す世界は、社会で働く人々、これから働き始める若者たちのより多くが、生きる意味や信念を見出し、全力を尽くして仕事をしたり学んだりしながら人生を謳歌できる世界です」

そう語るのは株式会社クインテット代表取締役の松下耕三だ。

クインテットが展開するのは、口コミメディア事業、ビジネスプラットフォーム事業、Webマーケティング支援事業。メイン事業である口コミメディア事業には、月間220万人が利用する日本最大級の美容医療口コミポータルサイト『美容医療の口コミ広場』や、“本当に信頼できる情報の配信”に重点を置いた美容メディア『jobikai(女美会)』がある。

美容医療に関して、以前の一般消費者はリアルな口コミを知りたくてもなかなか得ることができなかった。口コミサイトには集客を目的としたサクラの投稿も少なくなく、どの情報を信用してよいかわかりづらかったのだ。そんな中、同社のサービスでは一切やらせのない中立な情報を配信することにこだわった。情報の信頼性が読者にとって利用価値を生み、美容医療業界の透明性を高めることで市場の拡大への貢献を目指している。

そして最近新たに力を入れているのが、ビジネスプラットフォーム事業『Pando(パンドゥ)』。企業が自社メディア(オウンドメディア)を運営するにあたり、その構築・運用を低コストかつスピーディに行える仕組みを提供するものだ。さらに今後、EC決済機能、会員限定機能、クラウドファンディング機能も実装予定。

販売促進・集客の目的では、広告にコストを投じなくても、自社メディアによる「ダイレクトマーケティング」によりPRを強化できる。また、採用活動においては、求人広告の出稿費、人材紹介会社への成功報酬などのコストを削減するだけでなく、自社の理念・ビジョンに共感する人材の採用が可能になる。

「就活生や求職者は、求人情報サイトで応募先を選ぶとき、会社の知名度や安定性に目を奪われがちです。また、人材紹介者のコンサルタントから勧められ、相手企業をよく理解しないまま応募、入社に至ることもあります。けれど、重要なのは『この会社のビジョンに共鳴する』『この社長、この会社の人たちと仕事をしたい』と思えるかどうか。それを軸に選んだ会社であれば、仕事に意欲が湧き、人生を充実させることができるでしょう。もちろん企業側にとっても永続的に活躍できる人材を確保することができます。採用のミスマッチを防ぎ、よりよい出会いを生み出すサポートができればうれしく思います」

『Pando』は、社内限定で、社員一人ひとりが持つ情報やノウハウを整理・蓄積して共有できる機能も持つ。業務効率化だけでなく、社内コミュニケーションの活性化、そして人材育成にもつながることを目指している。

Profile

1977年、福岡県生まれ。自然に囲まれて育ち、生き物への高い関心を持っていた。高校卒業後、東京大学理科二類に進学。農学部在学中、インターネットやエンターテインメント業界のアルバイトを経て、卒業後の2003年、有限会社TRCを設立。その2年後の2005年には株式会社クインテットを設立し、Webマーケティング支援事業や口コミメディア事業を運営。「後世に素晴らしい時代を残す」ことを掲げ、2018年からは新たなビジネスプラットフォーム事業として人材領域へ挑戦する。

Contact

株式会社クインテット

東京都新宿区市谷本村町2-10 ストリーム市ヶ谷2F

https://pando.life/qwintet